文科省/高校「妊活」教材の嘘

個数:

文科省/高校「妊活」教材の嘘

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年04月18日 19時22分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 245p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784846016265
  • NDC分類 375.494
  • Cコード C0037

内容説明

2015年8月、文科省は少子化対策を盛込んだ高校保健体育の教材『健康な生活を送るために』を発行したが、その中の「妊娠のしやすさと年齢」グラフは改ざんされたものだった!妊娠・出産に関するウソの構造。

目次

序章 高校保健・副教材事件とは何か
第1章 グラフを見たら疑え―「専門家」が誘導する非科学
第2章 「高校生にウソを教えるな!」集会と「専門家」たちへの質問状
第3章 「子ども=生きがい」言説の危うさ
第4章 「卵子の老化」騒ぎと選択―考えるために必要な情報を
第5章 隠蔽される差別と、セクシュアル・マイノリティの名ばかりの可視化
第6章 日本人は妊娠・出産の知識レベルが低いのか?―少子化社会対策大綱の根拠の検討
第7章 人口政策の連続と非連続―リプロダクティブ・ヘルス/ライツの不在
第8章 「結婚支援」と少子化対策―露骨な人口増加政策はいかにして現れるか
終章 日本の人口政策を世界の流れから見る

著者等紹介

西山千恵子[ニシヤマチエコ]
1958年東京都生まれ。1987年お茶の水女子大学大学院修士課程修了。大学非常勤講師

柘植あづみ[ツゲアズミ]
1960年三重県生まれ。1994年お茶の水女子大学大学院博士後期課程単位取得退学、1996年博士(学術)。北海道医療大学教員を経て、明治学院大学社会学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。