論創ミステリ叢書<br> 飛鳥高探偵小説選〈3〉

個数:

論創ミステリ叢書
飛鳥高探偵小説選〈3〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 378p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784846016029
  • NDC分類 913.6

内容説明

長編『死刑台へどうぞ』を巻頭に置き、「幻への逃走」や「東京完全犯罪」など、探偵小説専門誌以外に書かれた短編をまとめ、さらに単行本未収録の最新短編「とられた鏡」を初収録。本格ミステリを愛する日本推理小説文壇の最長老・飛鳥高の探偵小説選第三弾!

著者紹介

飛鳥高[アスカタカシ]
1921(大10)年、山口県生まれ。本名・鳥田専右。東京帝国大学工学部卒業。工学博士。1946(昭21)年、『宝石』懸賞探偵小説「犯罪の場」を投じて入選、翌年、同誌に掲載されデビュー。東北への転勤により、次作の発表は50年の「湖」となったが、以後は『宝石』や『探偵実話』などへ定期的に短篇を発表。62年に上梓した長編『細い赤い糸』で第15回日本探偵作家クラブ賞受賞。本業が多忙となり、「とられた鏡」(76)を最後に執筆が途絶えた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)