論創海外ミステリ<br> 誰もがポオを読んでいた

個数:
  • ポイントキャンペーン

論創海外ミステリ
誰もがポオを読んでいた

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 246p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846015855
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

内容説明

E・A・ポオの作品に見立てた連続殺人事件。盗まれたポオの手稿と殺人事件の謎を追う究極のビブリオミステリ。多数のペンネームで活躍したアメリカンB級ミステリの女王アメリア・レイノルズ・ロングが遂に日本初紹介!

著者紹介

ロング,アメリア・レイノルズ[ロング,アメリアレイノルズ] [Long,Amelia Reynolds]
1904‐78。アメリカ、ペンシルバニア州生まれ。別名義にカスリーン・バディントン・コックス、パトリック・レイン、エイドリアン・レイノルズ。1930年代にパルプ雑誌へ短編SFを発表し、やがて長編ミステリの筆も執るようになる。終戦後は量産体勢に入り、精力的な作家活動を展開するようになったが、52年にエイドリアン・レイノルズ名義で発表した“The Round Table Murders”を最後にミステリ作品の執筆を終え、以後は作詩と教科書編纂に専念する

赤星美樹[アカボシミキ]
明治大学文学部文学科卒。一般教養書を中心に翻訳協力多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)