論創海外ミステリ<br> 夜間病棟

個数:

論創海外ミステリ
夜間病棟

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2017年11月23日 10時55分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 332p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846015626
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

内容説明

古めかしい病院の“十八号室”を舞台に医師、看護婦、患者達を翻弄する事件にオリアリー警部が挑む!アメリカ探偵作家クラブ巨匠賞受賞作家の長編デビュー作!!!

著者紹介

エバハート,ミニオン・G.[エバハート,ミニオンG.] [Eberhart,Mignon G.]
1899‐1996。アメリカ、ネブラスカ州リンカーン生まれ。1929年、シリーズ物の第1作目となる、看護婦セアラ・キートとランス・オリアリー警部のコンビが活躍する『夜間病棟』(1929)で長編デビュー。翌年、同シリーズ“While the Patient Slept”(30)で、ダブルデイ社の年間最優秀ミステリに与えられる“スコットランドヤード賞”を受賞。エバハートは、M・R・ラインハートと共に“HIBK(もしも知ってさえいたら)”派と評され、ゴシック・ロマンスと伝統的な謎解きミステリを結合した功績は多くの作家に影響を与えた

藤盛千夏[フジモリチカ]
小樽商科大学商学部卒。銀行勤務などを経て、インターカレッジ札幌にて翻訳を学ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)