論創ミステリ叢書<br> 保篠龍緒探偵小説選〈1〉

個数:

論創ミステリ叢書
保篠龍緒探偵小説選〈1〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年06月18日 16時44分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 380p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784846015589
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

アルセーヌ・ルパンの冒険譚を日本に普及させた功労者の創作探偵小説集、第1弾!海外探偵文壇の動向を伝える評論や海外の警察制度について言及した資料も精選収録。巻末には保篠龍緒の評伝(矢野歩・著)を収める!

著者等紹介

保篠龍緒[ホシノタツオ]
1892(明25)年、長野県生まれ。本名・星野辰男。東京外国語学校(現・東京外国語大学)仏語科卒業後、文部省で社会教育・民衆娯楽調査委員などを務め、映画が民衆に及ぼす影響の調査、映画技術の研究、映画の規制に従事する。1915年、翻訳文学集『セーヌの流』を処女出版。大正中期からモーリス・ルブランの作品翻訳を始め、東京朝日新聞社入社後は、『アサヒグラフ』、『アサヒカメラ』、『映画と演芸』、『日本映画年鑑』などの編集のかたわら、同社を通じてルブランと翻訳権取得の契約を結び、29年には平凡社から「ルパン全集」を刊行した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。