イギリス化学産業の国際展開―両大戦間期におけるICI社の多国籍化過程

個数:

イギリス化学産業の国際展開―両大戦間期におけるICI社の多国籍化過程

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2020年02月22日 17時01分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 426p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784846014759
  • NDC分類 570.9
  • Cコード C3034

内容説明

世界大恐慌期、イギリス化学産業はなぜ帝国に向かって拡張を遂げたのか。イギリスを代表する総合化学企業であったインペリアル・ケミカル・インダストリーズ(ICI)社。1926年の設立から80年余にわたりイギリス産業界に君臨しつづけた同社の国際展開としての「多国籍化」過程を精緻に考究する。両大戦間期を中心とした欧米主要国の化学産業・企業研究を補完する、イギリス化学産業に関する初めての貴重な本格的論考。

目次

序章 対象と方法
第1章 両大戦間期の世界化学産業
第2章 1920年代央までのイギリス化学産業
第3章 ICI社の国内事業展開
第4章 ICI社の国際カルテル活動
第5章 イギリスの化学製品輸出
第6章 ICI社の多国籍事業展開
終章 概要と総括

著者等紹介

松田淳[マツダジュン]
1960年長崎県に生まれる。1986年明治大学政治経済学部卒業。2000年明治大学大学院経営学研究科博士後期課程修了。博士(経営学)取得。明治大学経営学部兼任講師、日本大学法学部非常勤講師などを経て、川口短期大学ビジネス実務学科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。