論創ミステリ叢書<br> 竹村直伸探偵小説選〈2〉

個数:

論創ミステリ叢書
竹村直伸探偵小説選〈2〉

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2020年02月23日 05時26分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 356p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784846014469
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

日本サスペンス派の初作品集、完結!初の連載「危険な人生相談」からジュブナイル作品まで乱歩に期待された作家の真価を問う第2弾。

目次

創作篇(白い標的;危険な人生相談;濁った知恵;香典作戦;裏目の男 ほか)
随筆篇(入選の感想;略歴ほか;今後の目標;探偵小説と落語;多岐川さんの人柄 ほか)

著者等紹介

竹村直伸[タケムラナオノブ]
1921(大10)年生まれ。1948(昭23)年、中央大学法学部卒業。国家公務員、銀行員勤務。退職して失業中にハヤカワ・ポケット・ミステリを読み、創作意欲を持つ。1958(昭33)年、『宝石』短篇懸賞に「風の便り」を当時、1等入選を果たしてデビュー。1965年の「偶然自殺」を最後に筆を断った

横井司[ヨコイツカサ]
1962年、石川県金沢市に生まれる。大東文化大学文学部日本文学科卒業。専修大学大学院文学研究科博士後期課程修了。95年、戦前の探偵小説に関する論考で、博士(文学)学位取得。現在、専修大学人文科学研究所特別研究員。日本推理作家協会・本格ミステリ作家クラブ会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。