さらば我友叫ばずや―旧制高校史発掘

個数:

さらば我友叫ばずや―旧制高校史発掘

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 325p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784846014360
  • NDC分類 377.3
  • Cコード C0021

内容説明

明治20年に開校、昭和25年に閉校した熊本の旧制五高は、夏目金之助、嘉納治五郎、ラフカディオ・ハーンなどが教壇に立ち、歴史に名を刻む多くの人材を輩出した。「さらば我友叫ばずや…青年の名に力あり/二十世紀に光あり」の寮歌に象徴される剛毅木訥・質実剛健の気風と、ファシズムの台頭による戦時下の青春―。関係者たちの足跡を丹念に追いつつ旧制高校の豊饒な文化を発掘する、最後の貴重な証言録&資料集。

目次

明治編(森有礼が決断した国土教育のモデル校誕生;木下広次の篭城演説と自治の勧め;五高開校式―解職された初代校長・野村彦四郎 ほか)
大正編(「政変」で幕を開けた大正;大正デモクラシー下の旧制高校は…;君は君我は我されど仲良き―池田勇人と佐藤栄作 ほか)
昭和編(波乱のスタート―左翼対策を進める文部省・学校当局;活気を呈した龍南文壇―多彩な教師陣;檀一雄に見る福岡高校―その時五高では ほか)

著者等紹介

小山紘[オヤマヒロシ]
1941年生まれ、熊本市出身。熊本県立濟々黌高等学校、早稲田大学第一政治経済学部卒。西日本新聞社編集局入社、新聞三社連合(中日新聞、北海道新聞、西日本新聞)編集部長、西日本新聞社論説委員、社長室秘書部長、事業局長、西日本天神文化サークル常務理事兼事務局長(現在は西日本TNC文化サークル)等を務めた。西日本新聞社社友(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件