たいへんよく生きました―ぬか風呂サロン闘病記

個数:

たいへんよく生きました―ぬか風呂サロン闘病記

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 265p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784846013981
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

体力自慢で病気知らずの団塊男子Mに、突然の咽頭癌発症。勧められて知って“ぬか風呂”を自宅に設置し、ユニークでグルメな闘病生活が始まった!90年代ロシアの支援活動に奔走し、ロシアとともに生きた男の半生をパートナーの視点から描いた、胸に迫る追悼のドキュメント。

目次

1章 右顎のしびれ―抗癌剤も放射線も効かない上咽頭癌
2章 M家の人びと―孝行息子のプロジェクト
3章 事業とソ連反体制派支援―人助けなら元気が出る
4章 一九九〇年代混乱のロシアへ―現地取材と「援助/交際」
5章 肺に転移―心が身体を召し上げる
6章 糠風呂サロン―二〇〇人を巻き込んでグルメな闘病
7章 胸に転移―放射線科で『終着駅』を歌う
8章 ガンマナイフ手術―M姉への手紙
9章 会社は閉じたくない―一二トンの家財ガラクタを処分
10章 ホスピスが最初で最後の贅沢―呼気で始まり吸気で終わる

著者等紹介

片岡みい子[カタオカミイコ]
翻訳・ライター。新潟県生まれ。1975年、東京外国語大学ロシア科卒業。70年代半ばよりソ連の体制批判派を擁護する運動を始め、90年代に取材や支援活動で頻繁に訪露(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。