「反原発」異論

個数:

「反原発」異論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月22日 10時20分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 272p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846013899
  • NDC分類 543.5
  • Cコード C0036

内容説明

動物にない人間だけの特性は前へ前へと発達すること。技術や頭脳は高度になることはあっても、元に戻ったり、退歩することはあり得ない。原発をやめてしまえば新たな核技術もその成果も何もなくなってしまう。吉本思想の到達点。

目次

1 3・11以後(絶えずいつでも考えています;精神の傷の治癒が最も重要だ;吉本隆明「東北」を想う;科学技術に退歩はない;これから人類は危ない橋をとぼとぼ渡っていくことになる;東京にいると、暗いんです;風の変わり目―世界認識としての宮沢賢治;科学に後戻りはない;八十七歳は考え続ける;吉本隆明「反原発」異論;「反原発」で猿になる)
2 3・11/以前(詩と科学との問題;“対談”科学の普遍性を問う―長崎浩・吉本隆明;原子力エネルギー利用は不可避;科学技術を語る;科学技術の先端;原子力・環境・言葉)

著者等紹介

吉本隆明[ヨシモトタカアキ]
日本が世界に誇る文学者・革命思想家。1924年、東京月島に生まれる。東京工業大学卒業。苛烈な労働争議と深刻な三角関係を経る。1959~60年、日米安保条約改定に反対する共産主義者同盟に共鳴し、一兵卒として参加。61年、谷川雁・村上一郎と三人で自立的同人誌「試行」を創刊。81~82年、西独を発祥地として反核運動が広がる。日本でも文学者の声明が出される。82年、この運動に対して『「反核」異論』をもって一人痛烈な批判を展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件