宇喜多秀家の松

個数:

宇喜多秀家の松

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 281p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846013547
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

豊臣五大老のひとりとして「関ヶ原合戦」(1600年)で敗退するまでの秀家と、八丈島への流罪第一号(1606年)となった秀家を、“過去と現在”の視座よりとらえ、お豪への想いを軸に、人間秀家を描き出す!

著者等紹介

縞田七重[シマダナナエ]
千葉県出身。日本大学芸術学部放送学科卒業。広告代理店勤務の後、フリーのシナリオライターとして映画・TV台本、劇画原作などを執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

moku324

2
戦国武将、宇喜多秀家の生涯を書いた良本。 別名久福が植えた松は今も八丈島で力強く生き続けている。 戦国の世、勝った側が正義、しかし、負けた側にも正義がある。 宇喜多秀家の正義、それは自問自答のなか誰よりも生き続けたということなのだろう。2016/03/05

moku324

1
戦国の貴公子、宇喜多秀家。 関ヶ原の戦いで敗戦し34歳で死罪を免れ八丈島へ流罪の刑に処されました。そこから赦免されても本土には帰りませんでした。徳川家康に戦で負けても武士としての誇りは負けたくないという誇りを感じました。正しい生き方とは何なのか。再読してもまだ理解出来ません。2022/04/16

Tadasu Nunotani

1
2、3箇所史実誤認?に思える箇所がありましたが 文章もさらりとして面白かったです。2014/11/10

パキパキ3

1
島に流された秀家の絶望と希望の間に揺れ動く様子がよかった。希望を見出せなきゃ八丈島に50年も生きられないよね。2014/10/01

こばやかわ

0
感動して泣きそうになりました読みやすく心情も細かく描かれてあり一気に読破してしまいました。400年前でも同じ人間なのだなあとまたより一層知りたくなりました。本当に良かったです。2015/11/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8310004

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。