論創ミステリ叢書<br> 光石介太郎探偵小説選

個数:

論創ミステリ叢書
光石介太郎探偵小説選

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2020年02月18日 11時49分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 360p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784846012694
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

光石介太郎から青砥一二郎に至る探偵小説から“純文学”への軌跡をたどる。昭和初期の探偵文壇を垣間見させる貴重な回想録を併載。

目次

創作篇(十八号室の殺人;霧の夜;綺譚六三四一;梟;空間心中の顛末 ほか)
評論・随筆篇(作者の言葉(「奇譚六三四一」)
無題
YDNペンサークルの頃
私の探偵小説観
靴の裏―若き日の交友懴悔 ほか)

著者等紹介

光石介太郎[ミツイシカイタロウ]
1910(明43)年、福岡県生まれ。別名・鶏山文作、鷄山稲平、青砥一二郎。東京外語大学ポルトガル語科中退。1931(昭6)年、本名の光石太郎名義で「十八号室の殺人」を『新青年』に発表してデビュー。上京後は江戸川乱歩に師事し、筆名を光石介太郎と改め、次々と作品を発表。戦後になってからは青砥一二郎の筆名で創作活動を続けた。75年、雑誌『幻影城』に「三番館の蒼蠅」を発表し、光石名義を復活させた。1984(昭59)年、病歿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。