論創ミステリ叢書<br> 吉野賛十探偵小説選

個数:

論創ミステリ叢書
吉野賛十探偵小説選

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 368p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784846012519
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

盲人教育に半生を捧げた作家のミステリ作品を初集成。実娘である児童文学者・日野多香子氏による特別エッセイを併録。

目次

創作篇(ロオランサンの女の事件;鼻;顔;耳;指 ほか)
随筆篇(盲人その日その日;カンの話;探偵映画プラスアルファ;アンケート)
父の物語 書くこと一筋の人生だった!(日野多香子)

著者等紹介

吉野賛十[ヨシノサンジュウ]
1903(明36)年、東京生まれ。関西学院修了後、早稲田大学商学部に入学。卒業後は森永製菓の経理部に勤めるが、二年後に退社。大学卒業後に北川冬彦主催の『麺麭』同人となり、東一郎名義で純文学作品を発表。戦後まもなく、疎開先だった山形で高校教諭を務め、東京に戻ってからは盲学校に勤務。その後の半生を盲人教育に捧げた。二十編ほどの短編を発表。62年の「死体ゆずります」を最後に創作の筆は途絶えた。1973(昭48)年、歿

横井司[ヨコイツカサ]
1962年、石川県金沢市に生まれる。大東文化大学文学部日本文学科卒業。専修大学大学院文学研究科博士後期課程修了。95年、戦前の探偵小説に関する論考で、博士(文学)学位取得。現在、専修大学人文科学研究所特別研究員。日本推理作家協会・本格ミステリ作家クラブ会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。