追憶のセント・ルイス―1950年代アメリカ留学記

個数:

追憶のセント・ルイス―1950年代アメリカ留学記

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 139p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846012496
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

内気な女性ベティと過ごした懐かしいあの日々、心に残る隣人たち―。都会の片隅で暮らす、ごくふつうの人々の姿をかぎりない愛情をこめて描き出す、異色のアメリカ留学記。

目次

ベティとの出会い(バークリーでの束の間のふれ合い;セント・ルイスへ ほか)
セント・ルイスの隣人たち(開放的なジラード一家;“聖家族”バーン一家 ほか)
アメリカの庶民生活(雑貨屋アーウィンに集う人々;出入りの激しい“田舎者の家” ほか)
さまざまな家族のかたち(男女関係にフィフティ・フィフティはありうるか;小さなコミュニケーション・ギャップ ほか)
ベティとアルの結婚(セント・ルイスでの暮らし;ベティの驚くべき結婚準備 ほか)

著者等紹介

加藤恭子[カトウキョウコ]
1929年、東京都生まれ。早稲田大学文学部仏文科卒業と同時に渡米・留学。ワシントン大学修士号。65年、早稲田大学大学院博士課程修了。65年~72年までマサチューセッツ大学で研究生活を送る。元上智大学講師、地域社会研究所理事を経て現在は第一生命財団顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。