戦争と平和の国際関係学―地球宇宙平和学入門

個数:

戦争と平和の国際関係学―地球宇宙平和学入門

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2019年05月24日 15時54分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 380p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784846012175
  • NDC分類 319.8
  • Cコード C0031

内容説明

戦争と平和と宗教。平和学の研究史を踏まえ、具体的な地球研究も視野に入れ、人類史的観点で地球を考察し、弱者のための“国際関係学”構築を目指す。

目次

第1部 History研究史―歩みと論争(国際関係学研究史;平和学研究史;国際関係思想史―グロテイウスからモーゲンソーまで;国際関係学の論争―名称・方法と脱実証主義論争;国際関係学の課題と将来―脱領域・関係性・多様性)
第2部 Issue問題―戦争と非戦(暴力の起源―本能と集団;国民国家の暴力と戦争原因論;非戦の歴史―憲法9条と自衛権・主権概念の再検討)
第3部 Perspective視座―イデオロギーと国際関係(ナショナリズムの動向と課題;ジェンダーから見た国際関係学;オリエンタリズム論議と自他認識;グローバリゼーションの問題戸新しいコモン(共同)の可能性)
第4部 Area地域―アジアとイスラーム(日本問題としての「沖縄問題」―沖縄の歴史・基地・現在;日本と朝鮮の課題と将来;現在の国際情勢における中東イスラーム世界と米国)
第5部 Future展望―地球宇宙と思想(私たちはどこから来てどこへ行くのか―宇宙地球史と20世紀の特徴;文明の衝突から文明の対話へ―宗教の現在と宗教間対話の意義;地球宇宙平和学を求めて―公共哲学と仏教の役割と課題)

著者等紹介

岩木秀樹[イワキヒデキ]
1968年、兵庫県尼崎市生まれ。創価大学大学院博士後期課程修了、博士(社会学)。専門、平和学、国際関係学、中東イスラーム学。現在、創価大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。