論創ミステリ叢書<br> 蘭郁二郎探偵小説選〈2〉

個数:

論創ミステリ叢書
蘭郁二郎探偵小説選〈2〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月22日 06時35分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 359p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784846012168
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

時局下に書き継がれた幻の探偵小説集。犯人当て懸賞小説「黒い東京地図」、文体模写小説「死後の眼」ほかデビュー作から遺作までを俯瞰。「蚯蚓語」などのエッセイも同時収録。

目次

創作篇(息を止める男;足の裏;〓(あぶ)の囁き―肺病の唄
鱗粉
雷 ほか)
評論・随筆篇(蚯蚓語;儚;緑衣の鬼;謎の夢久氏;新緑蚯蚓語 ほか)

著者等紹介

蘭郁二郎[ランイクジロウ]
1913(大2)年、東京都生まれ。本名・遠藤敏夫。別名・林田葩子。東京高等工業学校の電気工学科に入学した1931(昭6)年、平凡社版『江戸川乱歩全集』の付録小冊子『探偵趣味』の掌編探偵小説募集に「息を止める男」が佳作入選。35年、探偵小説愛好家の仲間と『探偵文学』を創刊し、「足の裏」(35)「蝕眠譜」(同)「〓(あぶ)の囁き」(36)などを発表。37年、後継誌『シュピオ』の編集実務に携わり、『探偵文学』時代からの連載長編「白日夢」(36~37)を完結させた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。