“志力”の政治―日本再生への道

個数:

“志力”の政治―日本再生への道

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月27日 16時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846011055
  • NDC分類 310.4
  • Cコード C0031

内容説明

「志力の政治」とは何か?平和学博士でもあり、外交・沖縄・離島政策のスペシャリストである著者が、難題山積の政治、日本再生への方途を問う。

目次

第1部 震災からの日本再生をめざして(東日本大震災の衝撃;一本の電話がきっかけで―「キリン」の福島原発投入が実現 ほか)
第2部 離島問題そして「沖縄」に挑む―離島振興対策本部長として(遙かなるトカラ列島へ―日本で「最も長い村」を訪問;離島振興対策本部を設置した公明党 ほか)
第3部 一人ひとりに光を当てる政治を―常に国民の側に立って仕事をしたい(「9・11同時多発テロ」とパキスタン視察;アフガン難民家族との出会い ほか)
第4部 二十一世紀の政治家として―「行動力」と「発信力」をモットーに走る(平和学と政治―平和学博士として思うこと;英国ブレア首相との出会い ほか)
むすびにかえて―日本再生への方途(サムスン電子の成功、そのヒントは松下幸之助氏?;「人は石垣、人は城」を世界に主張 ほか)

著者等紹介

遠山清彦[トオヤマキヨヒコ]
衆議院議員1期(参議員議員2期)。昭和44年6月5日生まれ。平成5年3月創価大学法学部卒業。平成10年12月英国ブラッドフォード大学大学院平和学博士課程修了。Ph.D.(平和学博士)取得。平成11年2月宮崎国際大学専任講師(政治学・国際関係論)。平成13年7月第19回参議院議員通常選挙にて初当選。平成14年11月公明党青年局長。平成15年10月参議院厚生労働委員会理事。平成17年11月外務大臣政務官(第3次小泉内閣)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。