バオバブのお嫁さま―マダガスカルのむかしばなし

個数:

バオバブのお嫁さま―マダガスカルのむかしばなし

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年05月07日 04時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 199p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846010591
  • NDC分類 388.491
  • Cコード C0097

内容説明

マダガスカル、レユニオン島、コモロ諸島―祖父母から孫へ;またその孫へ;南インド洋に浮かぶ島々で代々大切に語り継がれてきた物語。素朴で力強く、深い味わいのあるむかしばなし36話を、美しい挿絵をたくさん添えて紹介。

目次

マダガスカルのおはなし(だれのもの?;しゃべりすぎると損をするはなし ほか)
マダガスカルのものごとのはじまり(ワニと牛;ワニとイノシシ ほか)
マダガスカルのことわざ
コモロ諸島のおはなし(友情;イブナスゥイャと金持ち ほか)
レユニオン島のおはなし(カエルとカメレオン;タカとトガリネズミ ほか)

著者等紹介

川崎奈月[カワサキナツキ]
岡山県生まれ。1998年に渡仏。フランス本土の街、トゥールーズ、ナンシーの大学にて法学を勉強した後、2003年よりフランス海外県レユニオン島に滞在。南の島のゆったりした生活の中で、再び絵を描きはじめる。二人の男の子のママ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。