能は死ぬほど退屈だ―演劇・文学論集

個数:

能は死ぬほど退屈だ―演劇・文学論集

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 326p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784846010584
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

能から現代演劇へ。近代文学から現代文学へ。はば広く鋭いまなざしから生まれる珠玉のエッセイ集。野坂昭如との対談を収録。

目次

演劇篇
学問・文藝篇
生活篇
社会篇
受賞作篇―受賞作を読む
対談 四十男はもてるのか?(対談 野坂昭如)
歌壇・俳壇化する演劇―あとがきにかえて

著者等紹介

小谷野敦[コヤノトン]
1962年茨城県生まれ、埼玉県育ち。本名読みあつし。1987年東京大学文学部英文学卒。1997年同大学院比較文学文化博士課程修了、学術博士。1990~92年カナダのブリティッシュ・コロンビア大学に留学。1994年より99年まで大阪大学言語文化部講師、助教授、国際日本文化研究センター客員助教授などを経て文筆業。著書に『聖母のいない国』(河出文庫、サントリー学藝賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。