叢書「演劇論の現在」<br> 一九世紀アメリカのポピュラー・シアター―国民的アイデンティティの形成

個数:

叢書「演劇論の現在」
一九世紀アメリカのポピュラー・シアター―国民的アイデンティティの形成

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ B6判/ページ数 419p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846009571
  • NDC分類 772.53
  • Cコード C0074

内容説明

芸能はいかに「アメリカ」という国民国家を形成させるために機能したのか。さまざまな芸能の舞台から浮かび上がるアメリカの創世記。

目次

アウトサイダーの芸能の力
黒い道化芝居―ミンストレル・ショウ
メロドラマ『アンクル・トムの小屋』とトム・ショウ
家庭回帰劇『リップ・バン・ウィンクル』とリップ役者
フリーク・ショウ―身体の異形を技で見せる
アメリカ流シェイクスピア―ファンもさまざま
ワイルド・ウエストの野外ショウ
大型ショウの仕掛け人(1)―劇場機構の改革と『ドラマ・オブ・シビリゼーション』
大型ショウの仕掛け人(2)―ビッグトップのサーカス
くねりながら北上するブロードウエイ劇場街
アウトサイダーからインサイダーに

著者等紹介

斎藤偕子[サイトウトモコ]
慶應義塾大学、日本橋学館大学の教授を経て、慶應義塾大学名誉教授。演劇評論家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。