出版販売試論―新しい流通の可能性を求めて

個数:
  • ポイントキャンペーン

出版販売試論―新しい流通の可能性を求めて

  • 畠山 貞【著】
  • 価格 ¥2,200(本体¥2,000)
  • 論創社(2010/06発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 40pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ B6判/ページ数 163p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846008734
  • NDC分類 024.1
  • Cコード C0034

内容説明

明治以来の出版販売史を「過渡期」から「変革期」へと辿った著者は、「責任販売制」の実際を検証しつつ、今日的課題である「返品問題」解消のため独自の「取扱マージン制」の導入を提案する。

目次

第1章 近代出版販売小史(過渡期;創成期;成長期;統制期;発展期;変革期)
第2章 出版業界の体質と今後の問題点を考える(“個客”満足のシステムとして「情報・物流」の構築;年間を通した自由価格本セールの実施を!;返品率はなぜ下がらないのか;「責任販売制の検証」と「買切制」について;私案の「取扱いマージン制」について)
第3章 流通費問題を考える(「鈴木書店の倒産」に思う;「書籍専門取次」存立の可能性;「マージン」の変遷;「流通費」の評価について)
第4章 業界用語に対する私見(「円本」の現在価格について;「ゾッキ本」の由来;「セドリ」の語源)
付論 「ジャパン・ブック・センター(JBC構想)」顛末の記

著者等紹介

畠山貞[ハタケヤマサダム]
昭和9(1934)年11月東京生まれ。東京大学文学部卒業。栗田書店(現栗田出版販売株式会社)にて取次業務に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。