独島(ドクト)/竹島 韓国の論理 (増補版)

個数:

独島(ドクト)/竹島 韓国の論理 (増補版)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 268p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846006822
  • NDC分類 217.3
  • Cコード C0031

内容説明

韓国と日本の主張を検証。日本海に浮かぶ孤島=独島/竹島をめぐる日韓の領有権問題を、双方の一次資料と外交文書により論争史的に纏めながら、歴史的・国際法的に考察。

目次

第1章 独島は日本の朝鮮強制占領の最初の犠牲地だった
第2章 独島の地理と地形、及び生態
第3章 独島は韓民族と共にあった―新羅時代から朝鮮中期まで
第4章 安龍福が日本を相手に談判する
第5章 日本の昔の文献に表われる独島
第6章 大韓帝国政府、独島を石島という名で欝陵郡に編入する
第7章 日帝政府、独島を島根県に「編入」する
第8章 日帝が敗亡し、独島の原状が回復する
第9章 日本が独島を「法的紛争」の対象にしようとする

著者等紹介

金学俊[キムハクジュン]
1943年に中国瀋揚で生れる。米国ピッツバーグ大学で政治学博士号取得。東京大学国際関係学科客員教授歴任。仁川大学総長・韓国政治学会会長歴任。東亜日報社長兼発行人(現)

HosakaYuji[HOSAKAYUJI]
1956年東京出身。東京大学工学部卒。韓国高麗大学で政治学博士号取得。2003年韓国国籍取得。大韓弁護士協会特別委員歴任。韓国海洋水産開発院諮問委員歴任。現在、世宗大学教授(日本学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。