映画『新・雪国』始末記

個数:
  • ポイントキャンペーン

映画『新・雪国』始末記

  • 笹倉 明【著】
  • 価格 ¥2,200(本体¥2,000)
  • 論創社(2003/10発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 40pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 260p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846004811
  • NDC分類 778.4
  • Cコード C0074

内容説明

一つの映画には、その背後に膨大な人間ドラマが横たわっている。舞台裏にいた当事者にしかわからないストーリーである。毒を皿まで食った長い宴は終わった。その毒には、あらゆる成分が詰まっていて、さながら曼荼羅である。銀幕の向こう側に、もう一つのストーリーを描いた曼荼羅絵をかけてみたいと思ったのが本書を執筆する動機だった―。作家・笹倉明が映画に手を出して舐めた、抱腹絶倒の出来事と無残な現実。奇跡的に完成をみた映画の舞台裏の全貌を描きつくした、希有なるドキュメンタリー。

目次

原作という事の始まり
助走から迷走せり
壁また壁を越えて
流れた理由は主演女優
出資から借金への暴走
テーマ曲と主題歌へのこだわり
人脈から人脈への綱渡り
まだ足りない金、金、金
崩壊寸前の現場の出来事
さらに薄氷を踏んで
ふたりの主役の仲と距離
完成を支えた奇跡の中身
加藤登紀子と冬美節のとき
つまずいた公開と破産の憂き目
世にも恐ろしい告訴寸前の事態
地に塗れた日々と父の死
最後の抵抗と再出発

著者等紹介

笹倉明[ササクラアキラ]
1948年、兵庫県生まれ。早稲田大学文学部文芸学科卒。80年、『海を越えた者たち』(すばる文学賞佳作入選)でデビュー。88年『漂流裁判』でサントリーミステリー大賞受賞、89年『遠い国からの殺人者』で直木賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。