海軍の「坊つちやん」太田三次郎

個数:

海軍の「坊つちやん」太田三次郎

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 381p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846003913
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0036

内容説明

日露戦争後の1910年代に、海軍高官への贈賄事件へと発展した「シーメンス事件」の告発や軍備縮小、対米戦の回避など、海軍の「廓清」を唱えた太田の思想と行動の全貌を紹介する。

目次

1 一九一一年―海軍廓清論を掲げて(一九一一(明治四四)年とはどういう年か
太田三次郎の「海軍改革論」東京版
太田三次郎の「海軍改革論」名古屋版
日米対立と財政危機の中で ほか)
太田三次郎を行く―ちょっと長い間奏曲(インテルメッツォ)
2 一九一四年―シーメンス事件の中で(水野広徳の対米戦争論;佐藤鉄太郎の海軍改革論;シーメンス・ヴィッカース事件;事件はなぜ起きたか ほか)

著者等紹介

秦達之[ハタタツユキ]
1936(昭和11)年愛知県知多郡横須賀町(現東海市)に生まれる。1960(昭和35)年早稲田大学第一文学部卒。愛知県立高校教師を経て、愛知淑徳大学非常勤講師。東海近代史研究会会員、名古屋歴史科学研究会会員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。