メカスの映画日記―ニュー・アメリカン・シネマの起源 1959‐1971 (改訂版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 398p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784845974061
  • NDC分類 778.04
  • Cコード C0074

目次

映画感覚錯乱への呼びかけ
マヤ・デーレンと映画詩
黒沢明と〈酔いどれ天使〉について
二通りの〈アメリカの影〉
インディペンデントな映画作家の創造の歓び
ルノワールとプロットのない映画
映画詩人マリー・メンケンへの賛辞
映像言語を変革すること
オースン・ウェルズのユーモアと〈審判〉
直接的感覚について〔ほか〕

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

a.k.a.Jay-V

0
映画詩人でした。時に蓮實的でもあるが、時折、水野晴郎的でもある。振り幅大きめで。ウォーホール推しが時に激しいけど。2016/01/04

0
作者の映像への並々ならぬ情熱に圧倒されっぱなしでした。映画と心中できるのか?2002/02/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/29846
  • ご注意事項