クリストファー・ノーラン―時間と映像の奇術師

個数:
電子版価格 ¥2,999
  • 電書あり

クリストファー・ノーラン―時間と映像の奇術師

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月22日 22時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5変判/ページ数 240p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784845921423
  • NDC分類 778.253
  • Cコード C0074

内容説明

フィルム・ノワールの時間を切り刻み、スーパーヒーロー映画にリアリズムをもち込み、スパイ・アクションとSFを融合させる…長編デビュー作『フォロウィング』から最新作『Oppenheimer』まで、芸術性と商業性を兼ね備えた特異点クリストファー・ノーランの軌跡。

目次

ハイブリッド・キッド―幼少期から『フォロウィング』(1998)に至るまで
鏡の国のアリス―『メメント』(2000)&『インソムニア』(2002)
脅しのゲーム―『バットマンビギンズ』(2005)
転送された男―『プレステージ』(2006)
なんだそのしかめっ面は?―『ダークナイト』(2008)
目がくらむほどの明晰夢―『インセプション』(2010)
ビッグ・グッドバイ―『ダークナイトライジング』(2012)
5次元―『インターステラー』(2014)
渚にて―『ダンケルク』(2017)
終末論的な思考―『TENETテネット』(2020)&『Oppenheimer』(2023)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Isamash

19
英国の映画ライターイアン・ネイサン(著名映画雑誌「エンパイア」元編集者)2022年発行著書の訳本。ノーラン監督全作品が取り上げられている。謎解きはされてないが、製作背景や監督や俳優の談話等が豊富に掲載。「ダークナイト」と「インセプション」を見ていらいこの監督の虜となり過去作DVDも遡って全作品を見ている大ファンとしては、各々を見た時の感動が蘇る宝物の様な著作であった。残念ながら「インターステラー」も「TENET」も映画館で見ておらず、どこかでリバイバル上映やってくれないか?次回作公開が何とも待ち遠しい。2024/02/02

がっちゃん

2
改めてまた観たくなる。映画館で。2023/07/22

Kb54081271Kb

1
不思議な時間軸をを映画に持ち込み、よく分からないけど、驚きと何か凄いものを見たという感想を抱かせる、クリストファー・ノーラン監督の作品の軌跡を、映画シーンの写真をふんだんに使って紹介。改めて映画を見直し、解析し直したくなります。 2023/08/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21348149
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。