トーベ・ヤンソン 人生、芸術、言葉

個数:

トーベ・ヤンソン 人生、芸術、言葉

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年03月03日 15時58分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 637p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784845921041
  • NDC分類 949.3
  • Cコード C0098

内容説明

大切なことは、いつも同じ。仕事、愛、そして遊び―“ムーミン”の原作者であり、画家、イラストレーター、小説家…と多才に活躍した芸術家、トーベ・ヤンソンの決定版評伝が新訳で刊行。本人とも親交のあった研究者が日記や手紙、草稿など膨大な資料から、その生涯を鮮やかに描き出す。

目次

私は働く
家族
芸術家の卵
旅する画家
男たちの戦い
ムーミンの物語と記念碑的絵画
黙示録の時代
ムーミンへの情熱
トロールと人間と
果敢な一九五〇年代
トロール、凍てつく世界に踏み出す
表現への渇望
島と恋に落ちた女
石と物語
谷を夢見て
トーベとの旅
言葉の時代

著者等紹介

ヴェスティン,ボエル[ヴェスティン,ボエル] [Westin,Boel]
1951年生まれ。ストックホルム大学名誉教授。専門は比較文学と児童文学。ルイス・キャロルやアウグスト・ストリンドベリについての著作があるほか、トーベ・ヤンソン研究の第一人者でもある。トーベ書簡集『Brev fr〓n Tove Jansson』(2014)をヘレン・スヴェンソンと共同編集。2014年よりアストリッド・リンドグレーン記念文学賞の審査員長を務める

畑中麻紀[ハタナカマキ]
1967年生まれ。神奈川大学外国語学部英語英文学科卒。トーベ・ヤンソンの作品を原書で読みたいという思いからスウェーデン語を学ぶ。民間企業に勤務後、フリーの翻訳者に

森下圭子[モリシタケイコ]
1969年生まれ。日本大学藝術学部卒業、のちにヘルシンキ大学にて舞台芸術とフィンランドの戦後芸術を学ぶ。1994年秋に渡フィンし、現在はヘルシンキ在住。翻訳や通訳のほか、現地視察や取材のコーディネート、連載などでフィンランドのレポートをする傍ら、今もムーミンとトーベ・ヤンソンの研究を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

keroppi

84
ムーミンの原作者、トーベ・ヤンソンの評伝。650ページ超の厚さの中に綴られる人生、芸術、言葉。私は、アニメのムーミンしか見ておらず、トーベの著作をどれも読んだことがない。しかも、そのアニメは、トーベが嫌ったものだった。芸術家の両親のもとで育ち、その両親への想いや戦争の影が、作品たちを生み出していたことを知る。ムーミンだけではない絵や小説等、作品の数々が語られる。そして、当時としては忌み嫌われた同性愛の告白。トーベの人生を知り、作品に触れたくなった。まずは、やっぱりムーミンを読んでみようかな。2021/12/13

shoko

11
「スナフキンの春の歌」 春になりたての 森を流れ歩く/心待ちにしていた 春が来たんだ/空は はためく翼あふれ/地面は あちこち足跡だらけ/はい虫たちも やっと目覚めたんだね/気の向くままに 僕はゆく/古ぼけた緑色の 帽子をかぶって/昼も夜もずっと 音楽を奏でて/荷物なんて 何もいらない/僕は 自由でいたいから2021/12/25

UNI/るるるるん

3
孤独と自由を探し求めたひと。読者に心地よいムーミン世界を提供し続けるのではなく、挑戦し続けたひと。 分厚い伝記本だったので、途中で「これを読むよりトーベの作品を読むべき?」と何度も思った、未読のものばかりなので。2022/01/10

ちり

2
“トーベ・ヤンソンは純粋で子どものままの人、フィンランド湾の島に突如現れた画家、ムーミンの生みの親として作家になった芸術家、と思われがちだ/実際のトーベは十五の頃から芸術家の自覚をもって働き、十代で自作の物語を出版。一九五十年代初めまで、絵画もムーミンも、交渉ごとはすべて自分でこなしていた。さらにムーミンの本が二冊出版されると、ムーミンたちのマーケティングとその可能性について考え始める”2022/01/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18630642
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。