遺伝学者、レイシストに反論する―差別と偏見を止めるために知っておきたい人種のこと

個数:

遺伝学者、レイシストに反論する―差別と偏見を止めるために知っておきたい人種のこと

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月22日 23時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 225p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784845920266
  • NDC分類 469.6
  • Cコード C0036

出版社内容情報

科学は、レイシズムを肯定しない



人種に関わる正しい知識から、

レイシストに「NO」を突きつけよう







アジア人は生まれつき数学が得意、黒人は身体能力が高い、ユダヤ人は金儲けがうまい……

人間の進化と多様性をめぐる議論が活発化している現代において、いまだに世の中には「誉め言葉の皮をかぶった」偏見であふれています。

そして、そうした一見科学的に見える偏見は人種に関するステレオタイプを強化し、人種に優劣を見出す、人種差別の温床にもなっています。レイシストは家系図や遺伝子検査をもとに自らの純血さを誇ってみたり、知能のに優れた人種があるというデータから自らの優位性を高めたり、特定の病気と人種を結びつけたりすることで他の人種は劣ったものだとみなしているのです。



しかし、それは科学的に正しい考え方ではありません。

レイシストは間違ったデータを利用し、疑似科学を用い、差別は科学的に肯定されるとでたらめを言っているのです。



本書では、固定観念や思い込みによって間違いがちな4つの分野(肌の色、純血性、スポーツ、知能)について、科学的な立場から差別や偏見を否定します。

遺伝学が個々の人間の違いについて解明できていること、断定できないことをそれぞれ明らかにすることで、時代遅れの人種に関する観念を力強く解体していくのです。



無邪気なステレオタイプから、より悪意に満ちた言説まで、正しい科学と歴史的な知識に裏付けられた「レイシストの論理をぶち破る」ための方法を、丁寧に解説した1冊です。

内容説明

遺伝学の「わかること」と「わからないこと」から人種差別主義者の論理をぶち破る。

目次

第1章 「色分け」に潜むリスク(「色」で分けられる人びと;「人種」という発明品;遺伝学の誕生;遺伝学は人種をどう見ているのか)
第2章 あなたの祖先は私の祖先(祖先はあいまいなもの;私たちは祖先を共有している;アフリカの途方もない複雑さ;イギリスにおける人種;不確かなルーツ;遺伝子に「国」は刻まれない;レイシストは遺伝学を悪用する)
第3章 黒人アスリートは強い?(身体能力は人種の問題なのか;奴隷制が生み出した偏見;「強い」遺伝子はあるのか;文化というファクター;複雑さを受け入れる;根深く無自覚な偏見)
第4章 知能は遺伝か(人種差別主義者、ジェームズ・ワトソン;IQは変わる;それでも知能は遺伝する?;ユダヤ人は賢いのか;文化を見誤ってはならない)
終章 結論とまとめ

著者等紹介

ラザフォード,アダム[ラザフォード,アダム] [Rutherford,Adam]
遺伝学者、サイエンス・ライター。ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンで遺伝学を学び博士号を取得。博士課程在籍中は小児の失明の遺伝的原因を初めて突き止めた研究チームの一員だった。科学誌「ネイチャー」の編集やガーディアン紙への寄稿のほか、BBCラジオ4の「Inside Science」をはじめ科学番組の案内役および科学ドキュメンタリーの制作でも活躍。ロンドン在住

小林由香利[コバヤシユカリ]
翻訳家。東京外国語大学英米語学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ケディーボーイ

41
複雑ゆえにいまだ発展途上である遺伝学。曖昧な点に眼を瞑り、不明確だがセンセーショナルな途中経過をわかりやすい形で示せばそれはレイシストにはとても魅力的にうつる。科学的ではなく多分に政治的な取捨選択。 また曖昧さを許さず断定を好む世界ではそちらのほうが特殊性を論じるときに色々と扱いやすい。 断片的な知識の宝庫であるSNSと半端な遺伝学は相性がいいようにも思える。 読んでいて感じたのは、様々なことを遺伝のせいにすればかなりの部分考える事を放棄できるかもしれないという事。 2023/04/26

海星梨

10
200ページでさくっと読めると思ったら、三時間半かかった……。祖先を辿って行ったら、どこかの一線で交差するっていうのが新概念で面白かった。広葉樹じゃなくて枝がネジネジしている感じの木なんだね。結構難しい話が並ぶ。牛乳チャレンジは笑った。日本人なら「スシ遺伝子があるから!」ってワカメ食べまくってる動画をあげあるみたいなもんだもんね。パロディ動画として英語であげたらバズりそうだけど。2023/04/07

そーすけ

3
翻訳のせいなのか、読みにくい。2023/04/22

Cephalopoda

2
『科学の人種主義とたたかう』は良作だったが、若干あてが外れたので、この本で引き続き理論武装。あらためて、人種主義者たちは心底どうしようもない。2022/11/30

くらーく

2
ごめんな。今まで生きてきて肌の色を気にしたことが無いのだわ。欧米(特にアメリカなのかね)の人種差別はかなり酷いようですな。いや、ドキュメンタリー等では見たけど、現実は分からないし。それこそそこに住んで生活しないと、肌感は分からないのでね。 まあ、著者(本職の学者ですからね)の仰ることはごもっともで、反論される方が何だかな、と言う感じ。差別する方もされる方もどちらもホモ・サピエンス(・サピエンス)なのにねえ。人種で差別や偏見は止めるべき(というか人種って何?)だが、個人の遺伝は明らかだからねえ。育ちより氏。2022/10/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19807814
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。