大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A

電子版価格 ¥1,012
  • 電書あり

大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/高さ 21cm
  • 商品コード 9784845114993
  • NDC分類 366.14
  • Cコード C0036

内容説明

アルバイト、インターンシップ、就職活動、内定、そして入社後…大学生が直面する問題を具体的なQ&Aで解決。先生も親も知っておきたい仕事のルール。

目次

第1章 アルバイト(働く以上はアルバイト優先?;求人情報から何がわかる? ほか)
第2章 インターンシップ(インターンシップは無給が当たり前?;授業よりインターンシップ優先と言われたが… ほか)
第3章 就職活動(問題のある企業はどう見分ける?;募集要項はどこもだいたい同じ? ほか)
第4章 内定と内定後(「他社を辞退するなら内定」と言われたら;入社の誓約書を求められた ほか)
第5章 労働契約と入社後(身元保証人を立てるようにと言われた;試用期間終了後に本採用できないと言われた ほか)

著者等紹介

石田眞[イシダマコト]
早稲田大学法学学術院教授。早稲田大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。博士(法学)早稲田大学。名古屋大学法学部教授を経て、2001年より現職。専門は労働法

浅倉むつ子[アサクラムツコ]
早稲田大学法学学術院教授。東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程単位取得退学。博士(法学)早稲田大学。東京都立大学法学部教授を経て、2004年より現職。専門は労働法、ジェンダー法

上西充子[ウエニシミツコ]
法政大学キャリアデザイン学部教授。東京大学大学院経済学研究科第二種博士課程単位取得退学。労働政策研究・研修機構の研究員を経て、2003年より法政大学教員。専門は社会政策、若年労働問題(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かーんたや

1
特に理系では大学でも調査や実験の人手として学生を都合よく利用するということが起きている。就活を妨害し、大学院進学を半ば強要するような事例もある。労働法で守られないため、行き過ぎを制限する有効な仕組みがない。大学も安全ではないことに触れてほしかった。まあ大学教員がそんなこと書くわけないか…2018/07/04

ことうみ

1
学生だけでなく社会人も読むべき!暗黙の了解で続けてる仕事が、実は違法であったりするから。「休憩がとれない」「みなし残業」「リストラされそう」「パワハラ、セクハラ」「裁量労働と年棒」などちょっとした疑問に法的側面から答えてくれる。昨今は労働者の地位が少しずつ上昇してることも手伝い、ためになる本であると思う。2018/06/28

n

0
アルバイトを始めたので読んでみた。 休憩が取れないという話は友人からもよく聞くので、この本で読んだことを共有できればと思う。 アルバイトの他に、インターンシップや就職活動についてもわかりやすく書かれている。2022/07/15

おたきたお

0
Q&A形式でとても読みやすい。個人的には「2.インターンシップ」の目次が目新しかった。ここに「20.守秘義務に関する書類への署名を求められた」があったのがよかった。「一般的なことです」としっかり回答されている。 学生側に寄り添いつつ、社会人として自立した個人が最低限知っておかないといけないことが書かれている。新入生のオリエンテーションで本著を配布し2~3時間程度で講義するとよいのではないかと思った。 学生が働くことの何に不安を抱えているかを知るという読み方もできるので、学生以外の読者にもおすすめできます。2018/04/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11558754
  • ご注意事項