日本映画研究へのガイドブック

個数:
  • ポイントキャンペーン

日本映画研究へのガイドブック

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年08月13日 11時01分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 285p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784843349397
  • NDC分類 778.21
  • Cコード C1074

内容説明

フィルムアーカイブから基本参考文献、ウェブサイト…、日本映画研究には欠かすことのできない資料源を網羅した、2009年版の原著を大増補改訂!!

目次

第1章 アーカイブ・図書館
第2章 古書店案内
第3章 映画の書誌・文献解説
第4章 オンライン及びデジタルリソース
第5章 FAQ

著者等紹介

ノーネス,マーク[ノーネス,マーク] [Nornes,Markus]
ミシガン大学映画芸術文化学部・アジア言語文化学部教授。研究分野はアジア映画、日本映画、ドキュメンタリー等

ジェロー,アーロン[ジェロー,アーロン] [Gerow,Aaron]
イエール大学映画学プログラム及び東アジア言語・文学科(兼担)教授。研究分野は日本映画史、日本のポピュラー・カルチャー、マンガ、テレビ等

洞ヶ瀬真人[ドウガセマサト]
博士(学術)。中部大学他非常勤講師。研究分野は映画史・映像文化論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

愛好家から研究者まで、日本映画を愛する方のためのレファレンスブック。日本映画研究には欠かすことのできない資料源を網羅。

(一部予定を含みます)
●はじめに● 日本映画研究のためにこのガイドを利用するための手引き
●第1章● アーカイブ・図書館 
●第2章● 古書店案内 
●第3章● 映画の書誌・文献解説
●第4章● オンライン及びデジタルリソース
●第5章● FAQ
●人名索引 ●事項索引 ●作品名索引 ●デジタル資料索引 ●機関/団体名索引

マーク・ノーネス[マークノーネス]
(Markus Nornes)ミシガン大学映画芸術文化学部・アジア言語文化学部教授。研究分野はアジア映画、日本映画、ドキュメンタリー等。主な著書にCinema Babel: Translating Global Cinema, University of Minnesota Press, 2007. Forest of Pressure: Ogawa Shinsuke and Postwar Japanese Documentary, University of Minnesota Press, 2006. Japanese Documentary Film: The Meiji Era Through Hiroshima, University of Minnesota Press, 2003.

アーロン・ジェロー[アーロンジェロー]
(Aaron Gerow)イェール大学映画学プログラム及び東アジア言語・文学科(兼担)教授。研究分野は日本映画史、日本のポピュラー・カルチャー、マンガ、テレビ等。主な著書にKitano Takeshi, British Film Institute, 2007. A Page of Madness: Cinema and Modernity in 1920s Japan, University of Michigan, 2008. Visions of Japanese Modernity: Articulations of Cinema, Nation, and Spectatorship, 1895-1925, University of California Press, 2010

洞ヶ瀬真人[ドウガセマサト]
中部大学他非常勤講師。研究分野は日本映画史。主な論文に「小津映画の戦後とモダニズム」『イメージとしての戦後』(坪井秀人、藤木秀朗編、青土社、2010年)