家族のこころの病気を子どもに伝える絵本<br> ボクのせいかも…―お母さんがうつ病になったの

個数:

家族のこころの病気を子どもに伝える絵本
ボクのせいかも…―お母さんがうつ病になったの

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年06月29日 19時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 47p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784843341124
  • NDC分類 E
  • Cコード C8711

内容説明

「キミのせいじゃないんだよ」。身近な人がうつ病になったとき…子どもにどのように伝えたらよいか―このことを取りあげた初めての絵本です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ばいきんまん

17
'14.6-21(110)うつ病の親を持つ子どもが、どんな不安な気持ちを抱いているかを絵本にしたもの。前半は子どもだけでも大人とでも読める絵本で、後半は大人が子どもに打ち明けるタイミングや留意点などを示した読み物になっている。大人にも子どもにも良い本だと思う。病院の待合室など、ぜひ置いて欲しいと思う。スカイくん、自分を責めてつらかったね。お父さんが気付いてくれてよかったね。お母さん、きっと少しずつよくなるよ。2014/06/20

カッパ

10
こどもの時、お母さんが病気なんてわからない。だから怒っていたりかまってくれないと悲しくなる。お母さんを攻撃できないからボクのせいかもってなるのかもしれない。この本も助けにしながらどうやって伝えたらいいのか。どんな援助をしたらよいのか。考えが深められそうです。2020/11/29

@com

8
大変だけど、伝えることで救われたスカイ。ピュウと仲良くなれてよかったね。2016/04/01

もっちゃか

6
親の精神疾患について子どもに説明するための画期的な絵本。後半は解説になっていて、家族や支援者が絵本を活用しやすいようになっています。医療・教育・福祉の各現場など、精神疾患の患者さんや子どもに関わる多くの人に知ってもらいたい本です。2013/03/15

逢日

5
うつの親を持つ子が、きっと感じている事を優しい絵と文で教えてくれる。うつに限らず、親の精神疾患や身体の障がい、夫婦の不仲の例でも、少なからず子供は小さな胸を痛めているはず。そんな時役に立つ絵本。本を読む事で一時でも、悩める子の心が軽くなりますように。そして、そんな子どもの痛みに、周りの大人が、誰か1人でも気づいてくれますように。2021/01/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5918083

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。