日本外交史人物叢書 〈第10巻〉 小幡酉吉 小幡酉吉伝記刊行会

個数:

日本外交史人物叢書 〈第10巻〉 小幡酉吉 小幡酉吉伝記刊行会

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 593,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784843305034
  • NDC分類 319.1
  • Cコード C3331

出版社内容情報

近代外交の様々な画期にかかわった外交家たちの足跡。明治から戦前まで、外交家たちの自伝・伝記・回顧録を集成。

 外交官の個人文書の公開は現在ほとんどされていない。外務大臣経験者クラスでも、陸奥宗光や幣原喜重郎の例が辛うじて挙げられるぐらいである。近代政治史研究、特に政策決定過程などの研究上、個人文書の果たす役割ははかり知れないが、入手、閲覧ともに非常に難しいのが現状である。
 本シリーズ『日本外交史人物叢書』は、これら外交官個人文書史料の不在を補うべく、外交官たちの自伝・伝記・回想録等を幅広く精査し、集成したものである。


●第10巻●小幡酉吉(同伝記刊行会編・同会・1957刊)
「支那問題解決の為その全力を傾注」(本文より)した中国通の外交官、小幡の伝記。当事者として関わった「対華21ヶ条要求」交渉の詳細が、第5章「大正四年日支交渉時代」として特記され、その発端から妥結に至るまでが、その間の小幡の奔走をまじえて活写される。第8章では、駐中国公使時代の姿が、第9章では、その中国観が詳しく語られる。他に、アレグマン拒否に至る経緯と当時の彼の心境について述べられ、最後にその人柄についての知友らの言葉で綴られる。