近代女性作家精選集 〈045〉 午前の花 若林つや

個数:

近代女性作家精選集 〈045〉 午前の花 若林つや

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 275,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784843302040
  • NDC分類 918.6
  • Cコード C3393

出版社内容情報

全集・作品集に未収録。 幻のテキスト24選。

■045若林つや 『午前の花』昭和15年・人文書院堀江朋子解説

前回同様、全集・作品集に未収録の作品を集成。第Ⅱ期は吉屋信子・林芙美子など、幅広い層に支持された作家や、文学史に埋もれてしまっている作家の名品など、二四作品を集成。また、解説は、研究者・作家・評論家、それぞれ男女を問わず最もふさわしい方にお願いした。

本書の特色

★男性作家中心の文学史に隠れてしまった、近代の女性文学、女性作家の歴史を探る。

★文学的価値の高い、しかも読者や研究者の需要 が高い名品を厳選。

★個人全集や作品集から漏れ、閲覧が極めて困難な幻の稀覯書集。

★各作品の背景、作家紹介、文学的価値等を各巻の巻末に記す。

★近代文学の研究には不可欠の文献集。

★文学のみならず、女性学、女性史、社会学の研究にも必須な資料。

※著者紹介 若林つや わかばやしつや 1905(M38).11.12~1998(H10).9.17 小説家。静岡県下狩野村(現・修善寺)生れ。静岡女子師範卒業後、小学校で教鞭をとる傍ら、「女人芸術」に作品を投稿し、昭和4年、『光を感ずる子』でデビュー。昭和6年上京、小林多喜二に師事し、『押し寄せる波』『女子青年団』などを発表。昭和8年より「輝ク」の編集を担当。のち横田文子らとともに日本浪曼派に参加。みずみずしくひたむきなその作風で、女性作家の逸材と評される。著書に『午前の花』『野薔薇幻相』がある。