女性のみた近代 〈022〉 アンソロジー女と生活 岡野幸江

個数:

女性のみた近代 〈022〉 アンソロジー女と生活 岡野幸江

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 193p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784843301111
  • NDC分類 081
  • Cコード C3336

出版社内容情報

女性の言説から歴史を検証。近代とは何だったのか?

明治期から戦前までに刊行された女性による評論・ルポルタージュ・エッセイ・等の中から、時代の証言としての価値があり、研究者の需要の高い単行本を精選集成。「 <新しい>女たち/ 戦時下の女たち/ 女と労働/ 女と生活/ 女と異郷」の5本の柱をもとに、歴史的視点で女性的言説の変遷がみえるように構成。各巻末に第一線の研究者による解説を収録。第三回配本では、5本の柱ごとに1巻づつ、新聞・雑誌等に掲載された女性による言説で、単行本にはならなかったものを新たに編集したアンソロジーを刊行。隠蔽された局面を浮上させ、今日の抱える問題を照射する好資料。


本書を推薦します!

ポスト産業社会へ向かう言説分析に不可欠な資料 城西国際大学学長 水田宗子

くりかえし立ち還ることのできる証言の宝庫 東京大学大学院教授 上野千鶴子

女性の言説と他者の言語  近畿大学教授・評論家 関井光男

男の書かないところへ目をむける 国際日本文化研究センター助教授 井上章一