からだの気持ちをきいてみよう―女子高生のための性とからだの本

個数:
  • ポイントキャンペーン

からだの気持ちをきいてみよう―女子高生のための性とからだの本

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 188p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784843100721
  • NDC分類 367.9
  • Cコード C0037

内容説明

誰もが、からだで生きている。からだと心は、からみあっている。からだも心も気持ちよく生きている。

目次

1 気持ちいいからだ―なぜセックスするのか(カイカン;恋とセックス)
2 悩み迷うからだ―からだの声をきいてみる(月からの使者;避妊・中絶―産めないとき;子宮という迷路)
3 いとしいからだ―自分のからだをどう守るか(性暴力(セクハラ;痴漢;強姦)
性の商品化―売ること買うこと
性感染症)

著者等紹介

大橋由香子[オオハシユカコ]
1959年東京生まれ。上智大学文学部社会学科卒業。今はなき「日本読書新聞」「新地平」「翻訳の世界」編集部を経て、現在は、フリーランスで編集、執筆などをしている。著書に『ニンプ・サンプ・ハハハの日々』(社会評論社)。企画、編集した本のに『働く/働かない/フェミニズム』(青弓社)、『女性が働きやすい会社案内』(晶文社)、『赤ちゃんにご用心』『コドモを楽しもう』(ともに双葉社)など。性やからだについての文章に「産む産まないは女がきめる」(『講座女性学3 女は世界をかえる』所収、勁草書房)、「女のからだへの国家管理と優生思想」(近藤和子編『性幻想を語る』所収、三一書房)、「越境する」(伊藤公雄・牟田和恵編『ジェンダーで学ぶ社会学』所収、世界思想社)などがある
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。