産業界における信頼性工学の応用

個数:

産業界における信頼性工学の応用

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年11月25日 20時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 196p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784842504452
  • NDC分類 509.6
  • Cコード C3053

内容説明

国内外ともに、人間社会の安全や安心を保証するための基盤技術の一つとして、「信頼性工学」の重要性が一段と高まっている。本書は「信頼性工学」の学術的発展だけでなく、その応用面において産業界で実績を蓄積し、まとめられたものである。

目次

第1章 緒言(本書出版の経緯;本書の内容と特徴)
第2章 輸送機器および機械要素部品における信頼性工学の応用(自動車の強度と信頼性保証技術;自動車用セラミックス部材の強度と信頼性保証技術;鉄道車両の定期検査と車軸の安全保証;航空機構造体の信頼性保証技術;軸受の長期寿命保証技術)
第3章 エネルギー機器および建築構造物における信頼性工学の応用(火力発電機器・プラントの予防保全技術;原子力産業における信頼性工学応用の現状と課題;建設業における信頼性工学の応用)
第4章 電子・情報システムにおける信頼性工学の応用(電子部品実装における保証試験と信頼性評価;情報産業における信頼性工学の発展・普及)
第5章 結言(本書刊行の背景と狙い;産業界における信頼性工学手法適用の重要性)