治療薬ハンドブック〈2021〉薬剤選択と処方のポイント

個数:

治療薬ハンドブック〈2021〉薬剤選択と処方のポイント

  • ウェブストアに741冊在庫がございます。(2021年05月10日 05時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 1566/高さ 18cm
  • 商品コード 9784840753159
  • NDC分類 499.1
  • Cコード C3047

出版社内容情報

【治療薬ハンドブック ココがポイント】

■同効薬がたくさんあって添付文書を比べるのが大変!

治療薬ハンドブックの特徴である「処方Point」と「薬剤Point」には、添付文書+αの情報が記載され治療薬の比較に役立ちます

処方Point:処方するときの視点で書かれたポイント

薬剤Point:治療薬のもつ性格や特徴



■患者が錠剤を飲みにくいと訴えているけど、この治療薬は粉砕しても大丈夫?

治療薬ハンドブックには、忙しい業務中にも便利な「粉砕可否」や「簡易懸濁」の情報がひと目わかるように書かれています

粉砕可否:同一成分の代替剤形がないものの粉砕可否について表記

簡易懸濁:粉砕できないもののうち10分以内に崩壊・懸濁するもの



■フォローアップ項目や服薬指導のときに伝える内容を簡単に確認できたら良いのに

治療薬ハンドブックの「観察」と「指導」の欄には、患者をフォローアップする大切な情報をまとめています

観察:観察すべき検査値や患者の状態

指導:患者指導時に伝えるべき内容



■治療薬に関する最新の情報や適応外使用の知見、ガイドラインを確認しておきたい

治療薬の最新動向、使用のポイントや注意点、適応外使用の情報まで臨床に役立つ情報を把握できます。さらに、主な診療ガイドラインを一覧で紹介。インターネット上で内容が公開されているものにはPCマークを付け、エビデンス確認がスムーズにおこなえます。



■治療薬ハンドブックの3大付録

<付録小冊子 治療薬比較ブック> 様々な"比較"を1冊にまとめた小冊子

<付録ポケットカード>「休薬が必要となる抗がん薬一覧」「配合薬一覧」「吸入配合薬一覧」の3種類

<治療薬ハンドブックアプリ>書籍を購入するとスマホで使えるアプリも無料で利用可能

内容説明

処方Point・薬剤Pointの記載を見直し。添付文書にはない情報もわかりやすい!総説に薬理作用図を大幅増!用法・用量の書体を変更。さらに見やすくなりました!新たに近年の経過措置期間満了医薬品一覧を掲載!3大付録:1.無料アプリ・2.治療薬比較ブック・3.ポケットカード。

目次

精神・神経系
感覚器系
循環器系
鎮痛・抗炎症・抗アレルギー薬
病原微生物に対する医薬品
その他
巻末付録

著者等紹介

堀正二[ホリマサツグ]
大阪国際がんセンター名誉総長・大阪大学名誉教授

菅野健太郎[スガノケンタロウ]
自治医科大学名誉教授

門脇孝[カドワキタカシ]
虎の門病院院長

乾賢一[イヌイケンイチ]
京都大学名誉教授・京都薬科大学名誉教授

林昌洋[ハヤシマサヒロ]
虎の門病院薬事専門役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。