ひと目でわかる向精神薬の薬効比較―エビデンス・グラフィックバージョン〈2002〉

個数:

ひと目でわかる向精神薬の薬効比較―エビデンス・グラフィックバージョン〈2002〉

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B40判/ページ数 191p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784840729888
  • NDC分類 493.72
  • Cコード C3047

内容説明

本書は日本人を対象として行われた向精神薬に関する二重盲検比較試験を網羅して、わが国における向精神薬のエビデンスの全貌を視覚的に捉えられるようすべてグラフ表示にしたものである。

目次

第1章 向精神薬の薬効比較(精神分裂病治療薬;錐体外路症状治療薬;気分障害治療薬;神経症性障害治療薬;睡眠障害治療薬;麻酔前投薬)
第2章 メタ解析による薬効比較

著者等紹介

稲田俊也[イナダトシヤ]
国立精神・神経センター精神保健研究所老人精神保健部老化研究室長。大阪府生まれ。慶応義塾大学医学部卒業。同大学付属病院、社会福祉法人桜ヶ丘保養院(現桜ヶ丘記念病院)、米国ミシシッピ州立大学メディカルセンターを経て1994年より現職。1994年にハーバード大学医学部精神科マックリーン病院へ留学。現在、慶応義塾大学医学部精神神経科客員講師、千葉大学大学院医学研究院精神医学講座非常勤講師、厚生労働省薬事・食品衛生審議会専門委員、日本学術会議精神医学研究連絡委員会書記局等を務めており、隣接する国立精神・神経センター国府台病院では精神科特診外来および臨床試験外来を担当している
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。