電撃文庫
終わりのクロニクル5〈下〉―AHEADシリーズ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 579p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784840230810
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

UCATが回収を急ぐ10個目の概念核。それを持つ、7th‐Gとの全竜交渉が始まった。だが、それと同時に、UCATに集められた概念核を奪取するため、9th‐Gの元大将軍ハジの率いる“軍”が、遂に攻撃の準備を終え行動を開始する。果たして、それらを相手に全竜交渉部隊はどのような判断を己に課すのか!?佐山の下した重大な決断により波紋が生じた、全竜交渉部隊の行方は!?そして奥多摩に向かった佐山と、堺を訪れた新庄が出会った、それぞれの過去とは…!?世界の崩壊まで後一カ月。いよいよ佳境を迎えるシリーズ第5話、完結。

著者等紹介

川上稔[カワカミミノル]
1975年1月3日生まれ、東京出身
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

そらりす

5
厚い!そして熱い! 579ページという厚さにもかかわらず中身めちゃくちゃ濃厚でしたわ…2019/09/13

海星梨

4
語るところありすぎて。厚さ? 標準的ですよね?(訓練された境ホラ民)というところで。いやー境ホラがあれだかっさー軍と決着つくのかなーって思ったらツカナカッタネ! まぁ、概念回収してるから次が再交渉でその次で軍と決着ですか……。大樹先生が少なかったのが残念かな?2021/08/24

ソラ

3
【読メ登録以前読了作品】 内容(「BOOK」データベースより) UCATが回収を急ぐ10個目の概念核。それを持つ、7th‐Gとの全竜交渉が始まった。だが、それと同時に、UCATに集められた概念核を奪取するため、9th‐Gの元大将軍ハジの率いる“軍”が、遂に攻撃の準備を終え行動を開始する。果たして、それらを相手に全竜交渉部隊はどのような判断を己に課すのか!?佐山の下した重大な決断により波紋が生じた、全竜交渉部隊の行方は!?そして奥多摩に向かった佐山と、堺を訪れた新庄が出会った、それぞれの過去とは…!?2008/04/02

かすくり

3
とにかく読むのに時間がかかった・・・。なにはともあれ、このシリーズは屁理屈と屁理屈の戦いだと思う。狭山くんの屁理屈とが一番ひどいが、他キャラの屁理屈もかなりのもの。地の文さえ屁理屈に溢れてると思う。それがこの作品の面白さとも言えるが。2013/12/01

いいほんさがそ@蔵書の再整理中【0.00%完了】

3
**ライトノベル・第5巻の下**概念戦争:平行して存在する10の異世界との軍事衝突。その最後の異世界との戦後交渉が開始された。だがそれと同時に、反交渉組織が全ての交渉を覆すため、ついに本格的な行動を開始!いよいよ物語は佳境を迎える!(紹介文・他より)――ついに全てが覆った!交渉ものの作品であれば、本書のこの展開は第一巻を読んだ時から予想しておりました。ここからです!この先は前人未到!物語は更に加速を始め、恐らく今迄の登場人物が総出演になることでしょう。いよいよ最終局面へと進む物語に期待は膨らむ一方です!2013/03/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/573114

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。