イメージと読みの将棋観〈2〉

個数:

イメージと読みの将棋観〈2〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 254p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784839934347
  • NDC分類 796
  • Cコード C2076

内容説明

平成20年10月に発売し、好評を博した書籍版『イメージと読みの将棋観』の続編が、ついに登場。月刊『将棋世界』に連載された中から、プロの最新型はもちろん、6棋士の意見が分かれたもの、アマチュアになじみのある戦型、大山康晴十五世名人や升田幸三実力制第四代名人の名局、江戸時代や明治時代の名局などテーマを厳選した。また、書籍化にあたって追加取材した新題を大幅に加えたボリューム満点の内容である。古今のトップ棋士たちの読み比べに、あなたも挑戦してみよう。

目次

第1章 序盤編(5五の龍中飛車は成立するか?;4手目後手3三角は生き残るか?;先手石田流には何で臨む? ほか)
第2章 中盤編(大山‐升田の名人戦;渡辺新手のその後;村山‐里見戦の千日手 ほか)
第3章 終盤編(大山‐升田の激戦;升田幸三、驚異の構想;阪田‐関根の決戦 ほか)

著者等紹介

鈴木宏彦[スズキヒロヒコ]
愛知県岡崎市の出身。早稲田大学在学中より同郷の石田和雄九段に将棋を師事。日本将棋連盟で将棋世界誌の編集を8年間したのち観戦記者として独立。現在は複数の新聞に観戦記を執筆する一方、プロ将棋の歴史的研究や統計的解明に力を注いでいる。「イメージと読みの将棋観」で第21回将棋ペンクラブ大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kinaba

1
佐藤さんの棒銀の銀香交換で押し通るやつ嫌いなんですよ、という繰り返しや渡辺さんのとりあえず居玉は自分はやらん、という態度の徹底、手は認めつつも絶対的な好みはプロでもあるのだというところが面白いなあ。2015/12/16

かめかめ

0
江戸時代の御城将棋もすごいけれど、升田幸三名人の独特の指し回しは見事なものです。 それを現代将棋界の第一人者の6人が紐解きます。しかし、その6人の意見が違うのが面白いのです。 将棋って奥が深いのですね。2010/08/08

kokada_jnet

0
前作とはまた別に・・。本作なら本作ならではの、面白さがあった。著者が6人の棋士たちに提示する局面の選択が、素晴らしい。2010/06/20

poeticevil

0
前作に比べて題材の内容がしょぼいと思うよ。失敗だと思う。二番煎じすぎる。2010/06/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/595597

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。