アスク・ミー・ホワイ

個数:
電子版価格 ¥1,200
  • 電書あり

アスク・ミー・ホワイ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月08日 19時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 256p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784838731114
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

過去はね、変えられるはずなんだよ。
もしかしたら、未来よりもずっと簡単に

初めて港くんと会ったのは、大寒波が到来した冬の日だった。
港颯真・元俳優。写真週刊誌のスキャンダル報道によって、彼は、
少し前に芸能界から姿を消した。
ヨーロッパの街を転々としていたようが、
ここアムステルダムに住み始めたという噂は本当だったのだ。

初めはブルーやグレー、
途中から淡いピンクが重なったり。
彩りはあるけど、虹色と括れなくて、
すごく好きな世界でした。ーーー乃木坂46 高山一実

心も、身体も、酒も、誤解も。
溶け始めた瞬間が、最も艶めかしく、
意識の奥底を温める。
この物語には、人々の瘡蓋を溶かす、   
蒼い陽射しがある。 ----リリー・フランキー



感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

旅するランナー

245
アムステルダムを舞台にした、LGBT小説。世の中に溢れる「悲しい誤解」。でも、誤解を解こうとする過程にこそ意味があるのではないか。完璧に理解し合うことが無理だとわかりながら、その状態に近付こうとする試行錯誤こそが、誰かを思い合うことなのだと思う。っていう考え方が素敵です。そんなわけで、「嬉しい理解」方向にサラッと行ってしまうのが物足りないけど、うまく練られた心地よい小説であることは間違いありません。2021/07/12

いつでも母さん

191
『奈落』の余韻が私の脳にあって、今回はどんなだろう・・と。古市さん、こんなのも書くのね~って読めた。男とか女とか恋とか友情とか仕事とか社会とか・・いろいろあるけど、純粋に「ヤマト」と「港くん」この二人の出会いと愛の物語。舞台がアムステルダムっていうのもなんか好い。2020/09/30

みどどどーーーん(みどり虫)

142
アムステルダムを舞台に描かれた切なくも優しいラブストーリー。異性だろうが同性だろうが、恋の始まりの喜びや苦しみは同じ。ヤマトの心理描写に「わかるぅ…」って何度も思った。古市くんってキスが嫌いってよく言ってるけど、キスシーンもよかったよ。ベッドシーンもがんばったね(わたし誰だよ)。参考文献に料理本が2冊あったのも、村上春樹が出て来たことも好感。この人の小説を読むのは3冊目だけれど、どれも好み。文章がいいんだなぁ。BLだとか敬遠せずに、テレビとはイメージが変わる古市くんをちょっと覗き見気分で読んでみて欲しい。2020/11/25

なゆ

88
前作の『奈落』が絶望的すぎた反動か、今度はなんと恋愛小説(しかもBL)とは!あの、確か恋愛とかキスとかもイヤだと言ってたはずの古市氏が…!と、とても読みやすいんだけど、そういう雑念に邪魔されてしまった。アムステルダムで冴えないバイト生活のヤマトは、薬物スキャンダルで芸能界を引退した港颯真と出会う。つくづく思ったのは、恋のはじめの戸惑いとオドオドドキドキ感は、同性間も異性間も何ら変わらないのだなと。これが男女間の話ならありふれてしまうのだろうけど、異国ということもあって幻想的にも感じて読後感もよし。2021/02/16

aki☽︎‪︎.*·̩͙‬

85
古市さんがBL⁈読友さんのレビューで知り読んでみた♪これが想像以上に良かった(*≧▽≦) アムステルダムで料理人をしているヤマトと元俳優の港にキュンキュン‪させられた♡寂しく地味な生活を送る一般人と、お金があり派手に遊んでいる元芸能人。友情?愛情?ヤマトの戸惑いや葛藤など心情が丁寧で分かりやすく、気持ちの変化もすんなり受け入れられ自然と2人を応援する気持ちになる。ヤマトはほんと良い奴!港もイケメン感溢れてて危なっかしいところも良い‪(//∇//)ラストどうなるのかと思ったけど、良い意味で裏切られた〜♬︎2021/07/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16444780

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。