定年後、お金で泣く人笑う人

個数:

定年後、お金で泣く人笑う人

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2018年11月17日 05時38分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 189p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784838729227
  • NDC分類 591.8
  • Cコード C0095

内容説明

将来、「お金で泣くタイプ」の方が世の中には多くいます。それはお金に対する考え方や行動に現れるもので、家、日々の消費、休日の過ごし方、保険、教育などさまざまなところで静かに、しかし着々と「差」を生んでゆきます。この「差」を意識してお金と計画的につき合っていくと、将来「お金で笑う」ことに、逆に差に無頓着にまん然と浪費を続けていくと、将来「お金で泣く」ことになります。

目次

第1章 定年後、本当に必要な金額は幾ら?(金融機関が勧めるプランは疑問だらけ;なぜ、銀行員に相談してはいけないのか? ほか)
第2章 50代からの「支出の減らし方」(「地位財」にお金をかけない;教育費は本当に必要か? ほか)
第3章 50代からの「お金の増やし方」(投資のリスクをどう考える?;投資に回す金額の目安は? ほか)
第4章 50代からの「お金の守り方」(いつかは向き合う「老い」とお金;判断力が落ちると人を頼りたくなる ほか)

著者等紹介

山崎元[ヤマザキハジメ]
経済評論家、楽天証券経済研究所客員研究員。株式会社マイベンチマーク代表取締役。1958年、北海道生まれ。東京大学経済学部卒業、三菱商事入社。その後、野村投信、住友生命、住友信託、メリルリンチ証券、UFJ総合研究所など12回の転職を経て現職。雑誌の連載やテレビ出演多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

将来、豊かな老後を暮らせないんじゃないか。
定年時には何千万円もないといけないらしいが我が家は。
脳裏をよぎる「老後破産」の4文字……。

こんなお金の不安は、定年を意識しはじめる
50歳あたりから急に膨らんできます。

本書はそんな不安をいだく皆さんのための、
「安心の老後を手に入れる本」です。

具体的にどうすれば悲惨な老後を迎えずに済むのか、
定年後に「お金で泣く人」「お金で笑う人」の対比で
読み解いていきます。

たとえば、
×定年後お金に泣く人は――銀行員にお金の相談をする
◎定年後お金に笑う人は――銀行の無料相談会には近寄らない

あるいは
×定年後お金に泣く人は――親の介護費用を自分で出す
◎定年後お金に笑う人は――親の介護を親の資産から賄う
×定年後お金に泣く人は――貯蓄性保険や年金保険に入る
◎定年後お金に笑う人は――イデコを利用する

本文の随所にこんなまとめが挿入され、
読みやすく、分かりやすいつくりになっています。

著者は何十年とお金と向き合ってきた経済のプロ中のプロ。
その著者が「自分事」として取り組んだだけに、
本書には、だれにでも実現可能で効果的な
実用情報がたっぷり詰まっています。

・家 ・保険 ・投資 ・教育
・介護 ・医療費 ・イデコ

など、さまざまな項目を取り上げ、
その中でも「効果の大きいこと」に絞って紹介。
知っているだけでかなりの額を「得する」ことができます。

老後の備えの本なので、40-50代の方には、
ぜひ読んでほしい一冊ですが、
本書のマネー術は60代からでも間に合います。

会話形式で進む本書の物語は、将来に不安を抱き、
著者のもとを訪れた1組の夫婦が
「ある告白」をするところから始まります。

この夫婦しかり、そもそもみんなが
口を揃えて「お金がない」と言うのは、
「背伸び」が根底にあるからとも……。

「生き方」の見直しをも迫る著者入魂の一冊!

山崎元[ヤマザキハジメ]
著・文・その他