5分/15分/30分の料理―シンプルで美しい68の皿

個数:

5分/15分/30分の料理―シンプルで美しい68の皿

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 172p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784838725526
  • NDC分類 596
  • Cコード C0077

内容説明

美味しくて美しいものは人生を確実に豊かにする。ファッションブランド勤務ののち、料理家として独立。料理を通じて美しいものを表現する渡辺康啓、待望のビジュアル・レシピブック。

目次

5分で作る料理(ミニトマトのクミン風味;大根の香菜風味;イタリアンパセリ入りスクランブルエッグ ほか)
15分で作る料理(アボカドチーズパン;ミニトマトのフリッタータ;セロリのホワイトバルサミコ風味 ほか)
30分で作る料理(カリフラワーのアフォガート;レンズ豆のサラダ;茹で蕪にバター ほか)

著者等紹介

渡辺康啓[ワタナベヤスヒロ]
1980年生まれ。アパレル勤務を経て、2007年に料理家として独立。東京・二子玉川にスタジオを構え、活動する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

美味しくて美しいものは、人生を確実に豊かにする―――
ファッションブランド勤務ののち、料理家として独立。料理を通じて美しいものを表現し続ける著者の、待望のビジュアル・レシピブック。

いま最も注目されている料理家、渡辺康啓。食材にほんの少しの時間と手間をかけるだけでできる、シンプルで美しい料理は、美術関係者やスタイリストなど、卓越した審美眼を持つ人たちからも高く支持されています。
初の著書である本書では、調理時間を5分、15分、30分にわけ、それぞれの時間内でできる前菜、メイン、パスタ、スープ、デザートなど68のレシピを紹介しています。
また器,調理道具、調味料、料理の組み立て方などのミニエッセイも掲載。渡辺康啓の“美意識”がいっぱいつまった1冊です。

<5分で作る料理>
ミニトマトのクミン風味
大根の香菜風味
イタリアンパセリ入りスクランブルエッグ
オレガノパン
クレソンとパルミジャーノのサラダ
バターと野菜
トマトの柚子風味
アンチョビとバターのクロスティーニ
赤玉ねぎとケッパーのサラダ
メロンとモツァレラのサラダ
トマトとあさつきのサラダ
椎茸のチーズ焼き
砂肝炒め
鰯のオレガノ焼き
浅蜊の白ワイン蒸し
ヤリイカのカルパッチョ
ステーキ
オレンジソーダ

<15分で作る料理>
アボカドチーズパン
ミニトマトのフリッタータ
セロリのホワイトバルサミコ風味
さつまいものトースター焼き
胡瓜とモツァレラ、オリーブのサラダ
人参のグラッセ
キャベツのキャラウェイ風味
ブロッコリーのペペロンチーノ
茸のピュレ
白菜の温製
アスパラガスに生クリームのソース
うどと人参、レーズンのサラダ
芹のバター蒸し
チーズのパスタ
パン粉のソースのパスタ
玉ねぎと椎茸のパスタ
アンチョビとケッパーのパスタ
カルボナーラ
アクアパッツァ
ラムのグリル、ビネガー風味
めかじきのグリル、玉ねぎとパプリカのソース
鶏肉のインヴォルティーニ
魚のタルタル
豚の赤ワインソース
ハーブソーダ
パイナップルのバニラ風味
焼き林檎

<30分で作る料理>
カリフラワーのアフォガード
レンズ豆のサラダ
茹で蕪にバター
オクラのアグロドルチェ
蛸とじゃがいもの温製
トマトソースのパスタ
魚のスープ
チーズのリゾット
ジェノベーゼ
じゃがいものスープ
アスパラガスのオルツォット
野菜と米のミネストラ
鯖のセージ風味
鶏肉のグリル、イタリアンパセリのソース
サルシッチャのワイン蒸し
鰯のオリーブ焼き
オレンジのマリネ
マスカットのスープ

【著者紹介】
1980年生まれ。アパレル勤務を経て、2007年に料理家として独立。東京・二子玉川にスタジオを構え、活動する。
場所を“間借り”することで、その場所を食堂に変身させるmagari食堂、スタジオにて食事を楽しむ予約制のeat in studio、自身で発行するprinted matterプロジェクトなど、食にまつわる事柄を、様々なアプローチにて提供。
料理を通じて美しいものを表現するということを、考え続けている。