困ったときに本当に使える就活のヒント100

個数:
電子版価格 ¥1,047
  • 電書あり

困ったときに本当に使える就活のヒント100

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 229p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784838723997
  • NDC分類 336.42
  • Cコード C0095

内容説明

上から目線でもなく、言いっ放しの精神論でもなく、時代遅れのノウハウでもない…。本当に役に立つ就活情報とは?就活をやり遂げた先輩たちが試行錯誤の末に見出した活きたヒントをお伝えします。

目次

基礎編(あなたは、自分の大学の就活事情を知っていますか?;就活仲間を作ることをオススメする4つの理由 ほか)
情報収集編(業界分析をスムーズにこなすための5つのポイント;絞りすぎると危険!?業界を絞るメリット・デメリット ほか)
選考対策編(ウケるエントリーシートを書こう!;「読むのがめんどくさいなあ…」と思われないためのエントリーシート2つの工夫 ほか)
モチベーション編(「働く」ことの意味を考える3つのポイント;就活でよくある、時間管理で気をつけたい3つの残念行動 ほか)

著者等紹介

常見陽平[ツネミヨウヘイ]
人材コンサルタント、大学講師、著述業。就活応援サイト就活の栞編集長。北海道札幌市出身。一橋大学商学部卒。1997年に株式会社リクルート入社。2005年に玩具メーカーに転じ、新卒採用を担当。2009年に株式会社クオリティ・オブ・ライフに参加。学生の就活にとって本当に役に立つ情報を発信するサイト、就活の栞編集長。実践女子大学、白百合女子大学、武蔵野美術大学などで非常勤講師(キャリア論)も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

・就活をやり遂げた先輩たちの活きたヒント満載!
・上から目線でもなく、言いっ放しの精神論でもなく、時代遅れのノウハウでもない……。本当に役に立つ就職情報とは? 就活をやり遂げた先輩たちが試行錯誤の末に見出した活きたヒントをお伝えします。

この本は、「就活生にとって、本当に役立つ情報をお届けしたい」という想いから作った本です。
ほとんどは、就活を終えた学生が書いたもので、監修者の常見陽平氏も書いていますが、ほんの一部です。
つまり、学生たちが就活をしながら、試行錯誤しつつ考えた活きたヒント集なのです。
常見氏は『就活の栞』というサイトの編集長を務めています。
このサイトは、就活を終えた学生たちが常見氏とともに共同で運営していて、
学生たちが自らの経験に基づき、記事を書いているのです。
本書は『就活の栞』に掲載された記事の中から、本当に役に立つ記事、
読んでもらいたい記事をスタッフと常見氏で100本厳選し、大幅に加筆したものです。

【著者紹介】
常見陽平(つねみ・ようへい )
人材コンサルタント、大学講師、著述業。就活応援サイト『就活の栞』編集長
北海道札幌市出身。一橋大学商学部卒。
1997年に株式会社リクルート入社。2005年に玩具メーカーに転じ、新卒採用を担当。
2009年に株式会社クオリティ・オブ・ライフに参加。学生時代に就職氷河期を体験。
踏んだり蹴ったりの経験をしたほか、友人のコネ入社、ブラック企業の即内定なども目撃。
当時から「就活は茶番だ」と感じ、 「”オトナ社会”に取り込まれるものか」と思っていたが、結局、社畜になり、
残業、接待、希望外の異動などサラリーマンらしいことをひと通り経験する。
また、転職情報誌編集部や、採用担当者の仕事、自身の転職活動を通じて採用活動の裏側を覗く。
若者に対する愛を胸に、学生、企業、大学、就職情報会社、親、官庁など様々な関係者の立場を熟知した上で、
現場視点での執筆、講演などマルチに活動中。