疫病と日本文学

個数:

疫病と日本文学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月13日 14時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 247p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784838233830
  • NDC分類 910.2
  • Cコード C0091

内容説明

日本文学の描いた疫病とその渦中に生きた人々の姿を、中古から現代に至る千年のスパンで見渡す。神と鬼と虫と人間が織りなす文芸の世界からパンデミックを切りとる。

目次

疫病の今をよむ(パンデミック小説の地図を書く;俳句と疫病―コレラとコロナウイルスの句を読む;鬼は“そこ”にいる、しかし“それ”は遍在する―疫病とエクリチュールと)
疫病をふりかえる(人喰い鬼と疫病神―「大正」を襲った「流行感冒」;中世説話の「心」をもつ病―『今昔物語集』を中心に;コロナとコロリ―幕末の江戸災厄体験記の奇書『後昔安全録』とその著者について;王朝文学における疫病)

著者等紹介

日比嘉高[ヒビヨシタカ]
1972年生まれ。名古屋大学教授。博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

白石佳和

0
近現代が過去にさかのぼっていくおもしろい構成。類書に『日本古典と感染症』があるが、こちらのほうが読み応えがあった。個人的には、俳句と疫病がよかった。やはり俳句や短歌は、仲間内で慰め合いながらコロナ・疫病と対峙するのがしんどくなくてよい。特に俳句は、季語を使うなど直接的に感情を出さない表現形式であり、オブラートに疫病を表現する。その距離感がいいと思った。全体的に、古典より近代がおもしろかった。古典はどうしてもある程度パターン化され、なかなか現代につなげられない。2021/09/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18376159

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。