知的生きかた文庫<br> 時間を忘れるほど面白い雑学の本―365日、頭と心を刺激する218のネタ!

個数:

知的生きかた文庫
時間を忘れるほど面白い雑学の本―365日、頭と心を刺激する218のネタ!

  • ウェブストアに194冊在庫がございます。(2019年02月21日 01時12分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 301p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784837979654
  • NDC分類 031
  • Cコード C0136

内容説明

「知っているようで、知らない」「気にはなるが、調べようがない」「考え始めたら、時間があっという間に過ぎてしまう」…そんな“とっておきのネタ”を集めに集めた一冊。

目次

1章 「ファーストフード店の看板」には、なぜ赤い色が多い?―意外なルーツ雑学
2章 「鳥や馬」などは、なぜ立ったまま寝ることができる?―生きもの雑学
3章 「電話番号」は、なぜどれも“0”から始まるの?―身近な科学雑学
4章 「集中して考えごとをする」と、なぜ腹が減る?―体と健康雑学
5章 「夕日」は、なぜ昼間の太陽より大きく見えるの?―地球の不思議雑学
6章 「ダイコン」は、なぜおろした途端に辛くなるの?―食べもの雑学
7章 「家庭の冷凍庫の氷」は、なぜ白く濁ってしまうの?―生活の知恵雑学

著者等紹介

竹内均[タケウチヒトシ]
1920年、福井県に生まれる。東京大学名誉教授。理学博士。地球物理学の世界的権威。科学雑誌『Newton』の編集長として青少年の科学啓蒙に情熱を傾けるかたわら、「人生の幸福」について深く探求し、自己実現の具体的な方法を説く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

『頭にやさしい雑学読本』の厳選版第2弾!つい夢中になる「面白ネタ」から、人に自慢したい「意外な話」まで。頭と心を刺激する本!

【著者紹介】
東大名誉教授