知的生きかた文庫<br> ベストフレンドベストカップル

個数:
  • ポイントキャンペーン

知的生きかた文庫
ベストフレンドベストカップル

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2022年06月27日 02時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 252p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784837972365
  • NDC分類 159
  • Cコード C0136

内容説明

「大切な人」と居心地のいい関係を築く“感情の法則”。

目次

第1章 あなたは「大切な人」の心が見えますか―女が知らない“男心の秘密”、男が知らない“女心の謎”
第2章 自分の中の「異性」の部分を見つめてみよう―だれでも「女らしさ」「男らしさ」の両方をもっている
第3章 女はいつでも特別扱いされるのが大好き―私たちの心は毎日、これだけの「栄養」を必要としているのです
第4章 二人のもっと「いい関係」をつくる一番のクスリ―女は“解決策”でなく“共感”が欲しい
第5章 男が一番、女性に望むこと、求めていること―女が男に与えられるもっとも価値ある贈り物とは?
第6章 愛はコップの水が自然にあふれだすように…―あたり前すぎてみんなが忘れている男と女の“感情の法則”

著者等紹介

グレイ,ジョン[グレイ,ジョン][Gray,John]
アメリカの著名な心理学者。特に自己開発と人間関係論の分野で活躍。氏が創設したウィーク・エンド・セミナー「男と女の人間関係」講座は、全米各都市で開催され大好評を博している。またCBSやNBC等テレビ、ラジオでホーム・カウンセラーとして絶大な信頼を得ている

大島渚[オオシマナギサ]
映画監督。京大法学部卒業。「青春残酷物語」「日本の夜と霧」などを発表、ヌーベルバーグの旗手として旋風を起こす。「愛のコリーダ」「愛の亡霊」(カンヌ映画祭監督賞受賞)、「戦場のメリークリスマス」などの国際的作品で知られる。また歯に衣を着せない鋭い発言で有名、二十余年にわたる人生相談の名回答者でもある
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

きいろ

29
ずいぶん時間をかけて読み終えた。男女の違い、愛するということ。例に出てくる会話のいくつかが、彼と私のようで反省。彼がどれだけ受け入れてくれているか改めて実感して感謝いっぱい。状況をなんとかしようと努力したり、彼の言動に不安になったり悪い方向に考えたりすることは 自分の内側と向き合うことで解決できるのかも。負の感情はあるのが普通で それも含めてありのままの自分自身を認め、愛することの大切さ。2016/08/01

所沢

14
男性は行動を訂正されるのが苦痛で、思いやるのが苦手。女性は感情を訂正されるのが苦痛で、信頼することが苦手。女性は自分の気持ちを聞いてもらうことを望んでいる。男女の違いを認識した上で、相手を受け入れ、理解して相手との違いを愛することが大事だと感じた。2017/03/18

wiki

12
良書。妻を娶り、その必要性がさらに増した。『ベストパートナーになるために』が良書だったのでこちらも著者買いしたが、これも良い。2冊合わせて摩擦ある折に読み直し、教えてもらいつつ、良い関係を築く取り組みを互いにできれば素晴らしいだろう。本書では男性らしさ女性らしさと便宜的に分けるが、どちらの要素も両性とも持っているとの事。そうであれば、難しくとも、深い理解はし合えるはず。互いの信頼関係が崩壊する前に、修復を願っている間に、早めに手に取ってよむべきだ。男性にとって、それはパートナーに対する思いやりの発露だ。2021/05/16

シーモ

12
これは…恋愛本じゃない!自分と和解するための本だ!! この本を読むまで、僕は女性を理解することは一種のテクニックというか…人間関係をうまいこといかせて人生を効率よく生きるための「スキル」のようなものだとどこかで思っていました。ごきげん取りがうまくなれば、母が父に起こしていたヒステリーのようなものを回避できるのだろう…と。この本を読んで、それが誤りだったと思い知りました。女性を理解するとは、同時に「自分の中の女性面」を理解し受け入れることでもあったのだと。恋愛を越えて自分との人間関係を教えてくれる良書です。2016/10/11

みぃー

12
男性と女性とは根本的に考え方が違うことが良く分かる。『女は人間関係重視型、男は結果重視型』『女は“解決策”ではなく“共感”が欲しい』『感謝できない女性は満足も出来ない』『自分を愛せない人は、他人を愛せない』 目次をパッと見ただけで共感できたり、ハッとさせられたり。翻訳された本なので言い回しに馴染めない箇所も多々あったが、人生のバイブルになる本だと思う。ちなみに、不登校のカウンセラーさんに薦められた本。2013/07/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/488024

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。