王様文庫<br> つい、「まわりに合わせすぎ」てしまう人へ

個数:

王様文庫
つい、「まわりに合わせすぎ」てしまう人へ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月19日 02時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 208p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784837969457
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C0130

出版社内容情報

「やりたい! でも……」と思ったとき、
「それは違う」と感じたとき、
その気持ちをグッと飲み込んだことはありませんか。
そんなとき、自分にかけたブレーキを
ちょっと外してみるだけで、
案外かんたんに「新しい世界」が開けてくるものです。
――水島 広子

対人関係療法の第一人者が
いちいち「振り回されない」コツを
わかりやすく紹介!

◎「言いにくいこと」ほど、頑張って言葉にしてみる
◎「自信を持って話せるテーマ」があると安心
◎「どうしようかな」は〝進め!〟のサイン
◎「してはいけない我慢」の見極め方
◎「人にどう思われるか」より「自分がどうしたいか」

そんなに「やきもき」しなくても大丈夫。
自分を「きゅうくつ」にしないやり方で、
言いたいことがちゃんと伝わり、
プレッシャーやストレスからも解放され、
もっと「心地いい時間」が増えていきます!

内容説明

対人関係療法の第一人者が教える「心地いい時間」を増やす方法。

目次

はじめに―「自分を大切にできる」のは自分だけ
1章 「自分の言葉」で話すことから始めてみる―「我慢せず」「気がねなく」つき合える関係へ
2章 「人と違う自分」を大切にしていますか?―「自己肯定感」を高めるコツ
3章 「居心地のいい自分」になるためには―「やりたいこと」はやってみよう
4章 ときには、あえて「わがまま」になる―自分が満たされたとき、他人に優しくなれる
5章 「世間の価値観」とどうつき合うか―「気持ちのいい時間」を増やすヒント

著者等紹介

水島広子[ミズシマヒロコ]
1968年東京生まれ。精神科医。「対人関係療法」の日本における第一人者。慶應義塾大学医学部卒業、同大学院修了(医学博士)。慶應義塾大学医学部精神神経科勤務を経て、衆議院議員二期。現在、対人関係療法専門クリニック院長、慶應義塾大学医学部非常勤講師(精神神経科)、対人関係療法研究会代表世話人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

katoyann

21
重要な人間関係であればむしろ自分の意見を曲げずに伝えるべき、と訴え、コミュニケーションのコツを伝える内容です。 変えられないものとして「相性」があり、価値観の違いを無理に埋めようとするとストレスが溜まり、相手にもむしろ嫌われる一方と言います。つまり、苦手な人と無理して付き合う必要はなく、自分を肯定してくれる人とコミュニケーションする時間を増やせば良いとのことです。 樺沢さんやTomyさんの本にも書かれていましたが、他人を変えることはできないようで、ストレスを減らすヒントは分かりました。2021/02/04

寅ちゃん

3
「いつもまわりに合わせてあきらめていると、いつまでも[自分に正直に、乗り越えた]体験を持つことができない」とある。あまりにも理不尽な職場環境に耐えきれず、ついに上司へ相談した。言うことで自分への評価が下がるんじゃないかとか、気まずくなるんじゃないかとか不安がよぎったが、自身のすべきことは成せたと思う。「[人はこう思うだろう]という思い込みの中、自分に不要な圧力をかけている」わかってはいる。我慢してはおかしくなるし、意見を言うと軋轢が生まれそうという思い込み?事実?はやはり拭えない。2021/12/15

Go Extreme

0
自分を大切にできるのは自分だけ 自己肯定感が高まるような生き方 我慢せず・気がねなくつき合える関係 自信を持って話せるテーマ 心の余裕 居心地のいい自分 ストレスがたまったときの自分のクセ やりたことをやる・やめたいことをやめる どうしようかな=ススメのサイン 習慣の違う人 気持ちのいい時間を増やす 人にどう思われる<自分がどうしたいか 選択にはリスクがつきもの ムリしないでいい環境を手に入れる ゆるやかなネットワーク お互いに自分らしく生きられる社会2020/11/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16605262
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。