「体を温める」と病気は必ず治る―クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

「体を温める」と病気は必ず治る―クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法

  • 提携先に53冊在庫がございます。(2022年05月24日 00時01分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784837920175
  • NDC分類 498.3
  • Cコード C0030

内容説明

本書では、「生姜紅茶」をはじめとして、ふだんの食事や生活で安全、簡単に体が温まる方法に加えて、症状別・病気別にどんな温め方が一番効果的かなどについて取り上げた。また、「体を温める」ことで実際に治っていった方々の事例も収録。

目次

1章 病気は「冷たいところ(血行不良)」に起こる!―いますぐあなたの「体温低下」に手を打て
2章 「ただ温めるだけ」で見事に治ってしまうメカニズム―なぜ、ムリをしないで自然によくなるのか
3章 この食生活があなたの“体熱”をつくりだす!―「熱を上げるクスリ」はない。だから食べ物、食べ方が大事なのです
4章 自分のため、家族のため、これが朝昼晩の「ほかほか生活」―手間もお金も一切かからない毎日の習慣
5章 症状・病気別の温め方 早い人なら1週間で効果が出る!―気になる健診数値対策から、がんこな慢性症状まで、あなたの場合
6章 ありがとう「温熱健康法」!ダイエットから内臓疾患、ガンまで「私が治った!」全記録―うれしい報告が続々と届いています

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

チョコ

54
米ぬか酵素風呂のお店で見つけて、これはうちに置いておきたい!何にせよ温めるのはいいに決まってる!じゃ、何が良いのかな?ってところで、まずは私は朝ごはん食べ過ぎがありそう〜💦朝ごはんはそんなにいらないんだ、ふむふむっと目から鱗なことが満載。2021/01/11

レアル

46
私の中でビフォーコロナで気付かなかった事、アフターコロナで気付いた事、それは私の体温が35℃台でこれは体温が低いという事。この本では36.5℃~37℃が一番いい状態とされていて、それ以下の体温の人は体温を上げなさい!と著者はいう。なぜ体温を温めると良いのかがここに書かれている。もう一つビフォーコロナとアフターコロナで変わったこと。それは仕事が少し暇になった。暇になった分自分の体を労わるとするかな。2020/11/03

ひろ☆

16
ニンジンと生姜の効用を知れた。簡単にできるのは、下半身の筋力強化(スクワット)2014/12/16

まりもんママン゚+.*ʚ♡ɞ*.+゚

16
副題が『クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法』という内容の本です。端的にいうと万病は体の冷えから来ているのでとにかく温めると良いとの事。しょうが紅茶は無敵だなぁと納得させられた。後、夏はシャワーではなくてちゃんとお湯に浸かるという事。朝ご飯はリンゴ人参ジュース・お昼はざる蕎麦・夜は和食中心に何を食べても良いらしい。全部は到底無理だけどしょうが紅茶はちょっとやってみよう。2013/12/20

ユズル

15
年々、冷え性になってきているので、参考になりました。今度スーパー行ったら、黒ごまと生姜を買ってきます。2016/12/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/551019

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。