英語でアート!―海外にとびだそう アートに関わる人におくる実践的英語読本

個数:
電子版価格 ¥2,420
  • 電書あり

英語でアート!―海外にとびだそう アートに関わる人におくる実践的英語読本

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年09月26日 21時04分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 215p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784837310662
  • NDC分類 707
  • Cコード C0082

出版社内容情報

プロ&アマチュアのアーティスト、イラストレーター、美大生、デザイナー、ギャラリスト、美術ファンのために…アート×英語の本!アート×英語の本、誕生!
プロ&アマチュアのアーティスト、イラストレーター、美大生、グラフィックデザイナー、ギャラリスト、美術館関係者、ボランティアガイド、美術ファン…そんな方々のための、実践的な英語読本が生まれました。
Chapter1では、英語圏のアート業界事情を詳細に伝授しつつ、海外のアート関係者とコミュニケーションをとる際に必要となるフレーズを豊富に紹介しています。英語のレベルは初級者向けです。
Chapter2では、よく使われる30のキーワードをピックアップし、会話サンプルと詳細な解説を掲載。英語のレベルは初級?中級者向けです。偉大なアーティストたちの言葉も紹介しているので、読むだけでも楽しめるでしょう。
巻末の付録には、メールやレジュメのサンプル集のほか、300以上の単語&フレーズ一覧表をまとめました。

目次
Chapter1:アートを英語で話したい!
Part.1 感動を伝えよう! ーすぐに使える簡単フレーズ
Part.2 SNSで発信する! ー日本から海外にアピールしよう
Part.3 アーティストよ、海外にいでよ! ー海外で個展を開くには
Part.4 さらに本格的に! ー海外でアートを学ぼう

Chapter2:英語でアート! ー会話&キーワード30
Part.1 押さえておこう! アートの基本単語
Part.2 覚えておくと便利な同意語・反対語

巻末の付録:
・レジュメサンプル
・アーティスト用カバーレター&E-mailのフォーマット
・E-mailの書き出し&締めの文
・美術館&美術図書の略語
・頻出アート英単語帳more than 300

佐藤 実[サトウ ミノル]
著・文・その他

宮本 由紀[ミヤモト ユキ]
著・文・その他

内容説明

アーティストの海外進出のヒントがいっぱい!英語圏のアート業界事情を詳細に伝授しつつ、海外のアート関係者とコミュニケーションをとる際に必要となるフレーズを豊富に紹介。よく使われる30のキーワードをピックアップし、会話サンプルと詳細な解説を掲載。偉大なアーティストたちの言葉も紹介している。

目次

1 アートを英語で話したい!(感動を伝えよう!―すぐに使える簡単フレーズ;SNSで発信する!―日本から海外にアピールしよう;アーティストよ、海外にいでよ!―海外で個展を開くには;さらに本格的に!―海外でアートを学ぼう)
2 英語でアート!―会話&キーワード30(押さえておこう!アートの基本単語;覚えておくと便利な同意語・反対語)

著者等紹介

佐藤実[サトウミノル]
神奈川県出身。横浜市立大学卒。美術雑誌の編集、翻訳会社、予備校英語講師などを経て、フリーランスでアートや音楽関連の翻訳、執筆に携わる。雑誌やカタログ(美術館、画廊)などの記事の和訳/英訳を行なう

宮本由紀[ミヤモトユキ]
Art Alliance代表。“英語で西洋美術史”講師歴13年。“アーティストのための英会話”主宰者。アート・エージェント、アート(海外)コーディネーター、国内外展覧会企画者。(米国)ヒューストン大学美術史学科(BA in Art History,Summa Cum Laude)学士号取得、(米国)セント・トーマス大学大学院リベラル・アーツ美術史科(MLA in Art History)修士号取得。ヒューストン美術館ヨーロッパ美術部門にてインターンシップを経て、同美術館リサーチライブラリー勤務。後にギャラリー勤務。帰国後“英語でアート”のスクールを起ち上げる。香川県生まれ、サンフランシスコ育ち(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Yuuki.

21
日常会話や洋画や洋書を楽しむために英語を学習している人には大して役に立たないかもしれないけれど、アートに携わる人には必須の英単語や表現が満載。英語だけでなく、アーティストがアメリカ進出するために必要な知識もたくさん紹介されていて、アート業界の人間じゃないけれど、アートも英語も好きな私には凄く面白かった!いつかこれで学んだ英語や知識を仕事で役立てられれば良いな。2018/11/11

Yuko

4
<海外のアート関係者とコミュニケーションをとる際に必要となる英語のフレーズを豊富に紹介。さらに、よく使われる30のキーワードをピックアップし、会話サンプルと詳細な解説を掲載する。メールやレジュメのサンプル集付き。> 2018年 自分でモノを作り出す才能はないし、美術関連の経験も知識もないけれど、海外でアートに関わる仕事やってみたいなぁ。 Keywordに取り上げられた英単語がアートの文脈においてどう使われるのかとか、ニュアンスの違いの説明などがとても参考になる。 2018/10/09

榊原 香織

0
アーティスト向け2020/08/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12641603

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。